横浜でスカーフストール結び方レッスンを行なっている布心(ぬのこころ)の谷川みさえです。

 

張りの強い=ツイルシルク
張りの弱い=サテンシルク
と分類します。

それぞれの特徴を生かして、装い方に工夫が必要です。

張りの強い代表的なスカーフは、エルメスです。
肉厚で張りもあり、少々扱いにくい点もあります。
最高級の品質の生糸で提供しているブランドなので、長~く愛用していただきたいコンセプトがあるのでしょう。
間違いなく丈夫です。

高い使用頻度が、その人に寄り添って
こなれていく、肌に馴染んでいく一枚になっていくのです。

そこまでに辿り着くには、強い張りと暫くお付き合いしなければなりませんね。

この張りを生かして、首元をスタンドカラーにしたアレンジや
ジャケットの襟もとに添うドレープを作ったりはいかがでしょうか?

首元の巻き心地はよくないので、素肌より服の上のアレンジでいきましょう。

少しの辛抱で自分に馴染んだ一枚になったら、素肌に巻いたアレンジも楽しめます。

 

 

張りの弱いサテンシルクは、従来のシルクスカーフです。
こちらは、扱いやすい類といえましょう。

 

2枚の画像を掲載しましたが、お分かりになりますか?
ドレープの折り山の様子で張りの強弱が分かっていただけるといいのですが。。。

どちらも、使わなければ
自分に馴染んだ
味のあるとっておきのスカーフにはなりません。

張りの強さに手こずっておりましたら、ご一報ください。
ご一緒に、馴染ませていきましょう♬