横浜でスカーフストール結び方レッスンを行なっている布心(ぬのこころ)の谷川みさえです。

 

ストールの選び方、パート2です。
ここからは、色や柄選びについて。

あなたの手持ちの服は何色が多いですか?
間違いないのは、ストールの色柄に服の色が含まれてると
まとまり感のあるコーディネートを作れます。

柄のストールを選ぶなら、無地の服に合わた方が、ストールが引き立ちます。
ここでも、服の色が含まれているといいかなと思います。

柄の服に柄のストールを合わせたければ、
同じパターンの柄や配色が同じだと繋がりができてまとまり感が作れます。

 

 

似合うと診断された色、好きな色
アクセントとなる色
お顔周りに影響しますね。
ですが、色は素材によってニュアンスが変わります。
そこのところは、是非押さえていただきたいポイントです。

私がお薦めするのは、多色遣いのストールです。
色々な色が含まれていると、そこに含まれた色合いの服に合わせやすく
選択肢の幅が広がりますね。
まとまり感のあるコーディネートは、
我々世代に適した上品なイメージになります。

大輪の花柄は、敬遠しがちですが、
巻いてしまえば大輪の花なのか全く分かりません。
小花のリバティ柄より、はるかに大人っぽくあしらえます。

 

 

ご購入時には、「ちょっとこれは。。。」と感じるストールを手に取ってみて下さい。
意外や意外なストールに出会うかも。
必ず、試着することも忘れずに。
見るのと巻いてみるのでは、全く違いますよ。

巻き心地、色柄の出具合を確認して下さい。
自分の目で巻いた感じを見て、心が動いたならご購入ですね。

実際に、ご購入時のサポートもしております。
私の場合、まずはご本人が気になるものを選んでいただいてから始まります。
ご興味のある方は、こちらまで。

言葉足らずなこともありますが、ご参考にしていただけたら幸いです。