生活クラブ生協の企画で、「非常時に備える 毎日の暮らし」のご提案をしております。

日々の暮らしの「衣食住」の観点から

「衣」 布もの~スカーフ・ストール 風呂敷の非常時に役に立つ裏ワザ

「食」 非常食(アルファ米 パックご飯)、回転備蓄、ソーラークッキング

「住」 耐震診断、家具転倒防止策、太陽光発電、雨水タンク

防災・減災・非常時の情報や知識

などのカリキュラムになっております。

 

私は、スカーフやストールを一枚の布として役に立つ裏ワザをオリジナルのカリキュラムでお伝えしております。

ストールを巻いたお出掛け先で役に立つ非常時の術

このご提案を聞いて、ストールを巻いていこう、携帯していこうと思っていただけたら

防災リュックに入れておこう

などと意識を持っていただけたら幸いです。

 

ファッションのアイテムだけでなく、非常時ににも役に立つことを多くの方々に知っていただきたく
活動をして参りました。

私の住む横浜は向う30年震度6以上の地震発生率は78%です。
横浜は人口が多いため、避難所の備蓄だけでは足らず、自衛策必須は驚きです。

まだまだ知っておいていただきたいスキルや情報がたくさんあります。
それぞれの分野の講師陣が待機しております。

「備えあれば憂いなし」
「震災は忘れた頃にやってくる」
特別なことでなく、日々の暮らしの中で意識を持っていただけたらという想いがあります。

ご興味ございましたら、
フォーラムアソイエ事務局までお問合せ下さい。

私は登録講師でもあります。
また、育てていただいたご恩返しに4月より理事も務めさせていただいております。

 

スカーフ、ストール=ファッションアイテムだけでなく、

多角的な用途が暮らしに役に立つこともお伝えできる一味違ったコーディネーターとして、

これからも、私のスキルが幅広く沢山の方々に知っていただけるよう活動して参りますので、

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

531618m