カルチャースクールでの講座やプライベートレッスンなどあなたにぴったりのスカーフやストールのアレンジをご提案

Before&After

  • HOME »
  • Before&After

Before&After


いつも通り普通に巻いていただいたスカーフに、ちょっと手を加えるだけで、雰囲気が変わりグッとおしゃれ感が増します。
色々な巻き方のバリエーションを覚えておくと、おしゃれの幅が広がります。

青いグラデーションのスカーフ

グラデーションは、その度ごとに表情が変わるの楽しいですね。
ストールの七変化です。

コーディネート・ビフォーアフター
スカーフ巻き方ヴァリエーション

ピンクの柄入りのシルクスカーフ

正方形に張りのあるシルクスカーフは、ガッチリなりがちです。
なので、その張りを考慮して、コンパクトなカジュアルスタイルにしました。

赤い大柄の大判ストール

100×200のかなり大判なストールです。
薄手で軽い素材なので、巻いてしまえば意外にボリュームを抑えられるんです。

緑の柄入り・フリンジのあるストール

beforeのパターンの巻き方をされている方とても多いですね。
折らずに広げて巻くと、凹凸感で表情が豊かになります。 真ん中より、どちらかに寄せ気味にするのがポイントです。

クリーム色のポンポンのついた大判のストール

縁周りにボンボンのデコレーションが特徴です。
ボンボンのデコレーションが、規則的よりランダムに見えた方が遊びのあるアレンジで楽しいです。

 

留守の場合はメッセージをお残しください。後ほどご連絡いたします。 TEL 080-5423-6700 電話受付:9:00~18:00

講師のご依頼について
法人様向けご依頼について
プライベートレッスン
ご購入サポート
講座のお申し込み
個人レッスンについて
アメブロ

ブログ更新情報

  • 一枚の布の防災力
    日常の中での非常時の応急対策としてスカーフストールの活用法 例えば、外出先で災害にあった場合、スカーフストールで身を守る方法 避難生活に役に立つスカーフストールの便利術などをご提案しております。
  • 張り感の強弱で違うシルクスカーフの手ほどき
    張りの強い=ツイルシルク 張りの弱い=サテンシルク と呼ぶシルクスカーフがあります。 装うにあたって、工夫が必要です。
  • シルクとポリエステル素材の違いについて
    ここでは、シルクとポリエステル素材の視点からお伝えしたいと思います。 シルクには、絹糸の光沢と発色が合わさって高級感があります。 肌触りもよく、しなやかで綺麗なドレープが手間なく施すことができるのです。 なので、素材が素晴らしいと美しいアレンジが簡単です。
PAGETOP