いつも通り普通に巻いていただいたスカーフに、
ちょっと手を加えるだけで雰囲気が変わります。
色々な巻き方のバリエーションを覚えておくと、おしゃれの幅が広がります。

青いグラデーションのスカーフ

グラデーションは、巻くたびに変わる表情を楽しめます。
濃い青と薄い青の配分を変えると表情が変わります。
着る服で調整してみてください。

グラデーショングラデーション

ピンクの柄入りのシルクスカーフ

正方形の張りの強いシルクスカーフは、カタチのフォルムが堅苦しく感じます。
その張りがわあkらないようにコンパクトなカジュアルスタイルにしました。
首元近くでまとめたので、目線も上がります。
無地の服なので、お顔周りがいいアクセントになりました。

ピンクスカーフピンクスカーフ

 

赤い大柄の大判ストール

100×200のかなり大判なリネンストールです。
薄手で軽い素材なので、巻いてしまえば意外にボリュームを抑えられるんです。
赤色の服は着れなくても、ストールなら面積も小さくなり
ちょっとの勇気で挑戦できます。

赤リネンストール赤リネン

緑の柄入りフリンジのあるストール

before(左)の巻き方をされているかたがとても多いです。
折らずに広げて巻くと、凹凸感で表情が豊かになります。
真ん中よりどちらかに寄せ気味にするのがポイントです。

クリーム色のポンポンのついた大判のストール

縁周りのボンボンのデコレーションが特徴です。
ボンボンが、規則的に並んで見えるよりランダムに見えた方が動きがあって巻きこなし度が増します。
先端にも動きを出しました。