50歳を過ぎるとどんな服を着たらいいかわからない。おしゃれに前向きになれない。白髪染めをやめたいなど悩みは尽きません。外見の変化がネガティブな気持ちになってしまう。辛い時悲しい時こそファッションのチカラを信じてみませんか?信頼できる後押しがあれば、あなたは変われます。ぬのこころはあなたの背中を押します。

ブログ

ぬのこころスタイリングの方程式

Instagram投稿のトータルスタイリングを発信。 どのようにしてスタイリングしているかのヒントをお伝えします。

シニアスタイリング

基本なくして巻き映えするアレンジは生まれない

ものごとは、基本のキなしでは極めることはできないと受け留めています。 正方形のスカーフを自由自在に操れるのも 基本のキに宿っていると実感。

基本の結び

衣類の静電気

乾燥する冬の季節、静電気に悩まされることが多くなります。 ある生徒さんから、シルクスカーフの静電気は どうしたらいいでしょう? とお悩みを打ち明けられました。

静電気

ミニ(プチ)スカーフについて

定番のスカーフは88㎝×88㎝です。 それより、小さいサイズのスカーフを ミニスカーフやプチスカーフといいます …

ミニスカーフアレンジ

季節感と素材選びの思い違い

季節と素材の選び方の思い違いが多いことにびっくり。 ぜひ、手放していただきたいのでお伝えします。 思い違いが選ぶ幅を狭めてしまって残念。。。

ダウンベスト

アニマル柄のトリセツ

アニマル柄は、扱いを間違えると 下品なスタイリングになります。 どうせなら、品よく装いたいものです。

アニマル柄ストール

アイデンティティーを味方にして

今年前半から3名のクライアントさまと継続してお会いしていると 当然ながら三人三様です。 少しだけ、ご紹介させてください。

応援

色彩論から見えた流行りのワントーン

ワントーンで決めるスタイリングが人気です。 きちんとした概念のある色彩論からではなく、 あくまでもファッション用語になっている観があります。

トーン

スカーフとストールの重ね巻き

継続して受講していただいている生徒さんから 大変ハイレベルなご質問をいただきました。 本気で向き合っていただけるから、 こちらもトコトン本気でお伝えしています。

スカーフとストールの重ね巻き

シニアのクローゼット事情

終活を意識して 今ある持ち物の整理に励みます。 手放すもの、リメイクして使うもの、今のままで使うもの 今の今まで意識もしていなかったことが始まります。 モノは増やしたくない

ハンガー
« 1 2 3 4 13 »
PAGETOP