日本の伝統慣習に 「ハレ」と「ケ」があります。
簡単に言うと、「ハレ」は非日常、「ケ」は日常です。

ハレとケ

服で考えると、「ハレとケ」は、「晴れ着と普段着」。
晴れ着は冠婚葬祭や同窓会時の服と考えます。

比率としては、圧倒的に普段着で過ごす時間が多いです。

普段着の中を分類すると
日常着
よそゆき
に分けれれます。

ケの幅広さは、服を変えなくても対応できることもあります。
シルクスカーフを一枚加えることで。

シルクスカーフをプラスしてよそゆきスタイル

ジャケットにアスコット風に装ってみました。
ストールより、シルクスカーフの方がグッとあらたまった感じになります。

 

大人なカジュアルスタイル

何でもない白いTシャツに、
ねじってボリューム感を落としたアレンジでも一気にスタイリッシュになります。

シルクスカーフ一枚のチカラを感じます。

 

華やかな席の存在感のあるアレンジ

華やかさのあるアレンジをハレの装いに加えます。
リボン結びのたれをリボンの中に納めた蝶々結びのアレンジです。

従来のリボン結びでは、年齢から相応しくありません。
たれを入れるだけでもニュアンスが変わります。

 

敢えて、同じスカーフを使って結び方を変えてみました。
TPOに合わせてスカーフの種類をを変えれば、もっと違ったイメージの装いになります。

このように、一枚のスカーフでもアレンジを変えただけで、
「ハレとケ」を自由自在に使い分けできます。

わざわざ特別な日のために、服を新調しなくても
首元にシルクスカーフを加えることで特別感を演出できます。
パールのイヤリングでも添えれば、フォーマル寄りになります。

普段の服装にスカーフを巻くだけでも、おしゃれ度が増すことができます。
Tシャツにはミニスカーフの代わりに
大判ハンカチで巻いてみるのもステキです。

シャツカラーの襟元には、アスコットタイ風にふわりとあしらえば
シャープな襟元がたたちまち女性らしいイメージに変わります。

首元の変化で、
いつもの服装にも大きな変化をもたらしてくれるなかなかの優れものです。

眠っているスカーフを見直して見ませんか?