ストールの選びかたについて、
わたしの経験をもとに指針をお伝えします。

選ぶときのポイント

私がお薦めする選び方は、

「大は小を兼ねる」を意識して「100㎝×200㎝」のサイズを理想としています。

但し、薄くて軽くて肌触りがよく、ホームクリーニングが可能な素材が必須です。

理想に近いストールは、ボリューム感を作りバリエーション豊かなアレンジを楽しめるからです。

薄手の素材は、折り畳んでコンパクトに持ち運びができます。

軽い素材は、巻き心地がよく首に負担がありません。
厚手で重い素材は、巻き心地も悪く扱いにくいです。

肌触りのよいものは、素肌にも優しい天然素材をお薦めします。

ホームクリーニングができることは、清潔さを保ち気持ちよく使えます。
お財布にも優しいですね。
今は、シルクもカシミアも手洗いできる素材に改良されてきています。

以前の記事でもお伝えしましたが、
ヴィスコースやモダールなどのレーヨン素材の進化は著しいです。
植物繊維を織り込んだ半合成繊維は、
薄手で軽くシワになりにくく、ホームクリーニングもできるので優れものです。

>>>こちらの記事もご参考にして下さい。

 

お薦めできないもの

実は、お薦めできないものも平然と店頭に並んでいます。

安価なアジアン雑貨店で売られているエスニック柄のストールは、
染料が悪く、色移りや色落ちがひどいものもありますので要注意です。
柄はよくても、技術不足です。
出来たら、購入は見送った方が賢明です。

本体の色糸でなく、フリンジ部分だけ白い糸のストールは、
とても安っぽく見えます。
同じ価格なら、お高く見た方がいいですよね。
フリンジも本体と同じ色糸のストールを選ぶように注目してみてください。

 

色や柄選びのポイント

あなたの手持ちの服は何色が多いですか?
間違いないのは、ストールの色柄に服の色が含まれてると
まとまり感のあるスタイリングが作れます。

柄のストールを選ぶなら、無地の服に合わた方が、ストールが引き立ちます。
最初は、服の色が含まれていることをお薦めします。

柄の服に柄のストールを合わせたければ、
同じパターンの柄や配色が同じだと繋がりができてまとまり感が作れます。
違和感なく馴染む柄合わせです。

似合うと診断された色、好きな色
アクセントとなる色
お顔周りに影響しますね。
ですが、色は素材によって見え方が変わります。
そこのところは、是非押さえていただきたいポイントです。

お薦めは多色遣いのストール

私がお薦めするのは、多色遣いのストールです。

色々な色が含まれていると、そこに含まれた色合いの服に合わせやすく
選択肢の幅が広がります。

服とストールの色の繋がりを意図的にしたスタイリングは
見た目も上品で小物遣いを知っている人に見られます。

もうひとつ、
大輪の花柄は敬遠しがちですが、
巻いてしまえば大輪の花なのか何なのか、全く分かりません。
小花のリバティ柄より、はるかに大人っぽく優美にあしらえます。

ストール売り場

購入されなくても、売り場を見るだけでも勉強になります。

今まで見向きもしなかった色柄に、敢えて手を伸ばしてみてください。
意外や意外
新しい感触を見つけられるかもしれません。

試着はただですから、ぜひ巻いてみて。
見るのと巻くのでは大違いです。

巻き心地、色柄の出具合をチェック。
巻いた感じを自分の目で見て感じてください。

店員さんのアドバイスでなく、自分で感じることが大事です。

そのストールは、自分を助けてくれますか?