正方形のシルクスカーフの基本の折り方にバイヤス折りがあります。
この折り方は、
シルクスカーフをお持ちの方には知っていただきたいスキルです。

シルクスカーフの基本の折り方は数種類あります。
その中で、バイヤス折りからのアレンジが大変多いのです。

スカーフに関連したいくつかの協会によっても違い、
スタイリストさんが提案しているスキルもそれぞれです。
私が知っている限りでは、5~6パターンくらいありますね。

日本スカーフ協会のスキル

私が初めて習得したスキルです。
その頃は、これしかない
これが正しいと思っていました。

裏を上にして、右角と左角を手幅をとり
内側に折ります。

バイヤス折り

親指のところで折ります。
角を中心に上下の縁で手幅を物差し代わりにして折るところの目安にします。
手前側と外側を折ってできた幅の1/3手前から折り、外側も重なるように折り返して完成です。

日本スカーフコーディネート協会のスキル

日本では、スカーフは四つ折りにしてたたみます。
その縦と横の折り線の交差したところが中止となります。

中心点を目指して折り始めるのが、こちらのスキルです。
正確には、中心点より少し先まで手間から折り返すのです。
反対の角を手前の折り山目指して折り返します。
できた幅の1/3、1/4 、1/5で太さを調整できるのです。

バイヤス折り

私のカリキュラムでは、オリジナルを加えてこちらを使っています。

スタイリストさんの提案

上と同様に、スカーフの中心点が起点です。
手間と反対の角を中心点で合わせて、
手前から反対から同じ幅で数回折って完成です。

同様に中心点で合わせて、
そのまま二つ折りにしていく方法です。

あとは、これらのパターンを少し変化させたものです。

仕上がりの違いは先端

どれが正解はありません。
教える側のスキルやネットなどの情報によって違うだけです。

仕上がりで大きく違うところは、先端です。

ネクタイのように先が左右対称に整っているか
剣先のようにシャープな先端になっているか

基本のバイヤス折りがきちんとできたなら
仕上がりも美しいです。
忠実に基本の折り方を守れば、
アレンジで崩しても美しく仕上がります。

美しくアレンジされているか、されていないかの違いは
トータルなスタイリングにも影響します。

年齢を重ねてこそのスタイリングには、
基本の折り方からのアレンジでブラッシュアップしましょう。
基本の折り方をマスターしているかで違いがわかります。

ねじり結び

折り方や結び方の名称も違います。

バイヤス折りが、一番バリエーションがありますが、他の折り方結び方の呼称にも違いがあります。

私が一番最初に学んだスキルが長かったため、馴染みのある呼称がしっくりきてますが、
一言一言全て決まった台詞で伝えることを強要されてたんです。

その頃は、全くの初心者でしたのでそれはそれで助けられていました。

ですが、色々な流派のスキルを知り、
今は、オリジナルに私の言葉で伝えています。
自分の言葉で伝えることが使命と考えます。

正方形のシルクスカーフは基本を知らないと使いたくなくなるかも。

正方形のスカーフには、基本の折り方や結び方を知らないと
美しくアレンジができないので面倒になるかもしれません。

正方形のスカーフ離れの要因のひとつと考えられます。
習得してしまえば、スカーフ一枚でエレガントな雰囲気を味わえますのに。

長方形のロングスカーフはストールと似ていますので、基本的なことはほぼありません。

正方形を制してこそ、スカーフ上手といえましょう。