クローゼットが目いっぱいの混み具合
風通しをよくしたいと一大決心しました。

私の5年前のクローゼット

5年前、手持ちのワードローブに不満を抱えはじめました。
クローゼットは130%の容量オーバー
黒い服が多く
容量も色からも、なんて重い感じなんでしょう。。。
着る服は決まっていて、ワードローブ稼働率は50~60%だったかしら・・・
そんな現状に疲れて、見直すことに奮起したのです。

理想の70%容量を目指したいと目標を掲げます。
まずは、着ない服と着ていない服をチェック
こんまりさんの(片付けの達人)著書から「感謝の気持ちと共に処分する」を実行しました。

容量オーバーの原因

容量オーバーの弊害で、埋もれていくものがある服
存在すら忘れてしまう服

これでは、悪循環で
同じような服も買い兼ねない

全てを把握できない現実です。

恥ずかしいですが、
お買い物(セールも含め)が好きで「買う」という行為で満足していたと猛反省。

お金も
収納スペースも
着ていく服を選ぶエネルギーも
無駄としか言いようがありません。

生涯、着きれない事実を突きつけられました。

クローゼット

目標 稼働率100%

70%容量のクローゼットを目指し、ワードローブ稼働率100%が目標です。

ワードローブのアイテムも年齢とココロの変化と共にシフトチェンジしてます。

わたしのライフスタイルを分析して
主婦 : 仕事 : 自分時間 = 3 : 4 : 3

おおよその割合から、必然的にアイテムも必要枚数も概算できるのです。

身の丈に合った質と量を自覚します。

風通しがよくなったクローゼットなら稼働率100%も夢じゃないです。

 

長く愛用したものから、その人自身が見える

ワードローブが整えば、ずっと着続けていきたい一着がわかるはずです。

永く着続ければ愛着が湧き、愛用品となります。
そこには、着る人の生き方やスタイルが見えます。

あるギャラリーの作家さんとの会話
「このカシミアのセーターは、もう10年以上着ているんだけれど、穴が開いては繕って着ているの。
どうしても、手放せないのよね。」

愛着のあるセーターは繕ってでも着続けたい想いが伝わります。
そういう姿勢、そこまでほれ込んだ一着があることが羨ましいです。

カラダとココロに馴染んだセーターは、その人自身に映ります。