終活を意識して
今ある持ち物の整理に励みます。
手放すもの、リメイクして使うもの、今のままで使うもの
今の今まで意識もしていなかったことが始まります。

モノは増やしたくない

新しく服は買わない

消耗品の下着などは別として、
洋服にお金を使いたくない意識が始まります。

理由はいろいろ
今ある服で十分すぎる
時間に限りがあることを認識
この先の暮らしのために無駄なお金を使いたくない
頻繁に出掛けることもない

今ある服の量と限りある時間を対比します。
できるだけ、同じにしたいのもやまやまです。

とはいうものの、女性はお買い物が好きです。
今までの消費のツケが宝の持ち腐れなのか
無駄遣いなのか

目に見えている現実にやっと真正面から向き合います。

物欲を抑制して、
今ある服を見直して着てみます。

見直しは最初の一歩

お手持ちの服を一枚一枚確かめていきます。

サイズは?
着心地は?
汚れや虫食い、劣化度は?
デザインに時代を感じる?
まだ着たい?
好き?
恥ずかしくない?

手放すルールを決めて仕分けします。

ハンガー

実際に着てみることで迷いが減るかもしれません。

仕分けは、着るか?着ないか?
着られるか?着られないか?

よく迷い箱の用意もありますが、
敢えて作らず
迷っても最終段階で決断する方がいいです。

迷って残していた服を着る確率は低いからです。

さあ、どうでしょう???
手放す量を見てびっくり?
忘れていた服が見つかったり
自分の好きなパターンが見えたり
地味な色や柄に統一感がなかったりと気づかせてくれる機会です。

できたら、服だけでなく
靴、バッグなどの小物も同時進行で。

ここから、
手元に残した服や小物で組み合わせていきます。

今ある服をただ着るだけではつまらないです

さあ、これから手元にある服をどう着ていきましょうか?

ただ着るだけでは、一枚の服でしかないです。
ところが、ひと工夫ふた工夫して着ると
その服以上のものになります。

ひと工夫ふた工夫して着るとは?

例えば、
カーディガンのボタンの掛けかた次第で着こなしの幅が広がります。

こちらで詳しくお伝えしています。

≫≫≫ボタンの掛けかたで決まるカーディガン

 

どうそ参考にしてください。

工夫できれば、少ない服でも十分楽しめます。

工夫することを知れば、
服を着ることがもっと楽しくなります。