今 日本では、シニアの始まりは60歳からだそうです。
これには、ちょっと疑問
今の60代、とてもアクティブでハツラツとしていると感じませんか?
50代後半になると、シニアを意識せざるを得ません。

ステキなシニアのお手本

ここ最近、シニア層をターゲットにしたスタイル本が店頭に並ぶようになりました。
このあたりの世代は、バブルを経験した経緯がありファッションブランド全盛期

若い青春時代はファッショナブルに過ごしていたので、
年齢を重ねてもおしゃれココロを忘れていないのかもしれません。

海外のファッショナブルなご婦人がたのスナップブックがお気に入りです。

Advanced  Style
とにかく、カッコいい
トレンドより自分スタイル

「いいものは時を超えて、そしてファッションはその人を物語るもの。
自分らしいスタイルを確立した女性達は恰好いい。 by井川遥」

「僕は”old”という言葉をネガティブに考えたことはない。
年をとっているということは、誰よりも経験豊かであり、賢く、アドバンスしている、つまり人生の上級者なのだから。
ここに出てくる女性達は、社会が描く「年とった女性」というイメージにひるまない。
彼女たちは皆、若々しい心とスピリットを持っており、個々のスタイルと創造力で自己表現している。」

服を着ることを楽しみたい

「着る」こともないがしろにしないで、大切なことと向き合って生きていきたい想いがあります。
年齢と共に、「着る」ことでも自分の集大成を目指したい
きちんと考えて服を着ていきたい

そして、服を着ることを楽しみたい

日本人は、人の目や世間体、見栄とかを気にする傾向にあります。
その点、海外では全く気にしていない
その姿勢に、日本にいながら憧れもあるんですね。

かなり奇抜な色合いやデザインの服を着ている姿、羨ましいな~なんて。
海外では当たり前のことでしょうが、そういうスナップを集めた誌面にココロ奪われてしまいます。

個性であり人生であり一見華やかなんですが、個人のスタイルの有様に憧れます。

個人を尊重する姿勢なら人の目も気にならない。

自分のスタイルを思いっ切り表現したい

自分の着たい服を思いっ切り楽しんでいきたい

シニアスタイルを楽しみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

マニッシュだけれど自然な優しさ

集大成を目指して
ステキと感じることにはいい意味で貪欲でいることが
アクティブシニアでいられる秘訣かもしれません。

シニアターゲットの誌面からも
街行く人からも
キャッチできるココロ
大事ですね。