カルチャースクールでの講座やプライベートレッスンなどあなたにぴったりのスカーフやストールのアレンジをご提案

布心について

  • HOME »
  • 布心について

布心について

布心(ぬのこころ)」は、

心が喜ぶ布をまとう
布が心を幸せにしてくれる

これらの想いを込めて命名しました。

そして一枚のスカーフが、女性の心と暮らしを変える

 

 

スカーフが女性の心と暮らしを変える

 

ファッションアイテムだけでなく、
暮らしに浸透したツールとして役立ててほしいのです。
なぜなら、
祖母が割烹着にくしゅくしゅっとスカーフを首元に巻いて家事をしていた絵が原風景としてあるからです。
寒さや暑さ対策の昭和の頃の知恵でしょう。

 

「布心」独自のコンセプトは3っつ。

① 50歳からの女性と加齢
50歳を迎えて、更に年齢を重ねていくことに消極的な想いが生まれがちです。
いつまでも元気でいるためには、自分の身なりやおしゃれに関心を持ち続けることはとても大切なんだそうです。
そ・こ・で、
スカーフやストールの力を借りて、
外に出掛けたい、人と会ってお喋りしたいと前向きになっていただけたらなぁと思うのです。
首元のおしゃれ、お顔周りに華やかさを加えて、心を動かしてみませんか?♬

外見の体形、顔色、髪の色の変化は、年齢を重ねてきた証しです。
積み重ねてきた経験や暮らしの中の知恵、出会った人の数などは全て自分だけの歴史です。

年齢を味方にして、今こそ シルクスカーフを装うに相応しい年頃になりました。

シルクの光沢や風合いが大人のエレガントを加味してくれます。
白髪染めを諦めたら、ピュアな色のスカーフも自然です。
地味になりがちな服に+(プラス)スカーフやストールで目線が上がります。
同じスカーフやストールだって、巻き方を変えればバリエーション豊かに雰囲気を変えられます。
あなたが選ぶスカーフやストールには、あなたらしさが表れます。


+スカーフ、ストールがあなたの心を喜ばせてくれるアイテムのひとつになってくれたら幸いです♡

② エコ
『勿体ない』をキーワードに、タンスに仕舞い込んでいるスカーフやストールをフル活用していただくよう
ご提案致します。
断捨離や生前整理、ミニマリストの心構えを生かして、少ない服でも、同じ服でも首元の変化で
コーディネートのバリエーションが豊かになることを実感していただけます。
被服費、コーディネートに迷う時間、収納スペースの無駄を省き、暮らしをスッキリさせましょう。

『一枚の布』として考えた活用方法もご提案致します。
例えば、ご旅行時の便利グッズとして、防災、減災グッズとしてオリジナルなご提案です。

 

ファッションだけでなく、暮らしに浸透したスカーフ、ストール活用術を目指します。

 

③ 支縁
・地場産業の横浜シルクスカーフを応援します。
横浜は養蚕から生糸を生産し、シルクスカーフで貿易を行っておりました。
有名メーカーのスカーフを逆輸出していた実績があるほどの高い技術を持っております。

企業、メーカー、染織工房、作家、店舗などサポートさせていただきます。
今までも、作家さんの作品展や専門店でのサポート、商品カタログの撮影のお手伝いの実績があります。
今後は、更に企業、メーカーさまのお役に立てたらと考えております。

 

・首元に疾患のある方や福祉関係団体及び個人様に向けてもお役に立てたらと思っております。
過去に、首元に疾患のある方にプライベートレッスンや視覚障碍者様グループに向けての講座、
老人ホームやシニア世代に向けて講座をさせていただきました。

 

 

女性として、主婦として、母としての実経験からの目線で、暮らしや生き方に寄り添った
スカーフやストールのご提案を目指した「布心」オリジナルな内容をお伝えしていきたいと思っております。

将来は、同じ想いのある人同士を繋げるコミュニティを作りたいですね。
スカーフ好き、ストール好きの人の心と心を繋げてみたいなぁ。
「布心で繋がるスカーフ&ストール部」なんて夢を描いているんです。

 

 

 

 

 

布心
2017.5

 

留守の場合はメッセージをお残しください。後ほどご連絡いたします。 TEL 080-5423-6700 電話受付:9:00~18:00

最近の投稿

受講者さまの声

カルチャースクールなどの受講者さまの声を集めてみました。

お客様の声

パーソナルレッスンのご依頼をいただいたお客様の声を集めてみました。

選び方ひとつでおしゃれ度が上がる花柄

花柄のストールを選ぶとき、花の大きさによってニュアンスが変わることを知っていただきたいです。

「服を着る」ってこと考えてみました。

皆様は、”服を着る”意味って考えたことがありますか?

大きすぎるストールに手こずってます。

「これ、大きすぎるのよ」 とある、インポートストールの売り場で遭遇。

PAGETOP