横浜を中心にシニアに生き生きとした暮らしを提案しています。スカーフを味方にしたトータルコーディネートでちょっとエレガントに非日常を味わってみませんか?
  • ぬのこころ 横浜 スカーフ グレイヘア
  • 横浜 スカーフストール
  • 横浜 スカーフ

タイプ分けでないパーソナルなご提案が信条です。

人生100年時代。
50歳を迎えたら、人生の午後になりました。

「服を着る」ことは「衣食住」のひとつであり
=「おしゃれ」ではないと考えます。
どれも自分と心に密接な関係があります。
何を着るか
何を食べるか
どこに住むか
全て自分が選んだものが暮らしとなり
生き方や人生そのものになっていきます。
そう、自分自身です。

スカーフストールを味方にしたトータルコーディネートが得意です。

「ぬのこころ」は、「衣」についてご提案します。
あなたの個性と服のチカラを借りて、
あなたが着たいと思った服を調えながら、
足し算引き算のご提案します。

特にスカーフストールを味方にした
トータルコーディネートが得意です。

ログウッド染めスカーフ

心を幸せにしてくれる
喜ばせてくれる
元気にしてくれるビタミンのひとつに
「自分の着たい服を着る」ことをお薦めします。

 

ぬのこころのコンセプト

お知らせ

10月のイベント

10月のイベントのお知らせです。

もみじマルシェ

9月の講座募集&イベント

9月の講座募集とイベントのお知らせです。

NPO法人 ロクマル はじめてのスカーフストール巻き方講座

ロクマルのテーマは、「人に喜んでもらえる仕事、役に立つ仕事、これまでのキャリアを活かせる働き…。 60歳からは、仕事を通して、心豊かな人生を送ろう」です。 こちらの指針に賛同して、私も会員になりました。

張りの強いシルクスカーフ

ブログ

シニアスタイルに赤

ある情報誌を拝見して被ってしまうかもしれませんが、 少量の赤はいい仕事をしてくれます。

赤色

シニアが目指すおしゃれとは?

いくつになっても女性は「おしゃれ」という言葉に敏感です、 「いつまでもおしゃれでいたい」 「もうおしゃれなんてここ何年もしていない」

アンティーク

身の丈に合った装い

「身の丈に合う」は身長や体型にぴったりという意味と 能力や地位に相応しい「分相応」の意味があるようです。

実寸

よくあるスタイリングにわたし要素を加えて

よくあるスタイリングですが、 わたし要素を加えることで差別化を図ります。 ご参考までに。

Gジャンとチノクロス

わたしはきっかけでしかありません

パーソナルなご相談を始めて半年が経ち、 3名様と関わらせていただきました。 何を求めているのか? 一緒に考えていきます。

きっかけ
PAGETOP