50歳を過ぎるとどんな服を着たらいいかわからない。おしゃれに前向きになれない。白髪染めをやめたいなど悩みは尽きません。外見の変化がネガティブな気持ちになってしまう。辛い時悲しい時こそファッションのチカラを信じてみませんか?信頼できる後押しがあれば、あなたは変われます。ぬのこころはあなたの背中を押します。
ブログ

スカーフストール知恵袋

スウィッチスカーフのスタイリングと年中行事

1年は12ヵ月 季節を感じる行事が月ごとにあるのも日本の特徴でしょうか。 セレモニーやお慶びの行事のたびに服を新調していたらとんでもないことになります。 そこで、一枚のスカーフで行事に華を添えてみませんか?

横浜スカーフ

滑り落ちるファーとファー付きストールのお悩み

ファーの巻き方のご質問がありました。 動物愛護の問題でリアルファーは需要がありません。 今はフェイクファーが主流です。

ファーマフラー

スヌードのアレンジ

数年前にスヌードが店頭に並び始めました。 最初から輪になっているので、 そのまま頭をくぐらせたりで簡単に首元のおしゃれができることで人気になりました。 ところが、「スヌードってこれしかできない?」とよくご質問されます。

スヌード

基本なくして巻き映えするアレンジは生まれない

ものごとは、基本のキなしでは極めることはできないと受け留めています。 正方形のスカーフを自由自在に操れるのも 基本のキに宿っていると実感。

基本の結び

ミニ(プチ)スカーフについて

定番のスカーフは88㎝×88㎝です。 それより、小さいサイズのスカーフを ミニスカーフやプチスカーフといいます …

ミニスカーフアレンジ

季節感と素材選びの思い違い

季節と素材の選び方の思い違いが多いことにびっくり。 ぜひ、手放していただきたいのでお伝えします。 思い違いが選ぶ幅を狭めてしまって残念。。。

ダウンベスト

素材を殺さないために

服やスカーフストールなどを選ぶとき、 最優先に色と答えるかたが圧倒的に多いです。 わたしは、奥深く広げて巻く人も素材のひとつと考えています。

ストール

スカーフの柄と結び方に時代よりも伝統を感じてほしい

「スカーフの柄に時代を感じる」 確かによく聞きます。 昔のスカーフ柄が時代遅れと感じているのでしょうか?

新感覚を自分のものにする

新しい感覚に戸惑うことあります。 挑戦したいけれど諦めたり、今までと変わらないことを選んだり。 きっと、そういった経験あるんじゃないかな?

red

日本手拭いで夏ならではのスタイリング

酷暑の夏。 日本手拭いが意外と大活躍してくれます。

日本手拭い 伊勢木綿
1 2 3 5 »
PAGETOP