横浜を中心にシニアに生き生きとした暮らしを提案しています。スカーフを味方にしたトータルコーディネートでちょっとエレガントに非日常を味わってみませんか?
ブログ

スカーフストール知恵袋

ミニ(プチ)スカーフについて

定番のスカーフは88㎝×88㎝です。 それより、小さいサイズのスカーフを ミニスカーフやプチスカーフといいます …

ミニスカーフアレンジ

季節感と素材選びの思い違い

季節と素材の選び方の思い違いが多いことにびっくり。 ぜひ、手放していただきたいのでお伝えします。 思い違いが選ぶ幅を狭めてしまって残念。。。

ダウンベスト

素材を殺さないために

服やスカーフストールなどを選ぶとき、 最優先に色と答えるかたが圧倒的に多いです。 わたしは、奥深く広げて巻く人も素材のひとつと考えています。

ストール

スカーフの柄と結び方に時代よりも伝統を感じてほしい

「スカーフの柄に時代を感じる」 確かによく聞きます。 昔のスカーフ柄が時代遅れと感じているのでしょうか?

新感覚を自分のものにする

新しい感覚に戸惑うことあります。 挑戦したいけれど諦めたり、今までと変わらないことを選んだり。 きっと、そういった経験あるんじゃないかな?

red

日本手拭いで夏ならではのスタイリング

酷暑の夏。 日本手拭いが意外と大活躍してくれます。

日本手拭い 伊勢木綿

「横浜スカーフ」はナショナルブランド

私は、横浜生まれ横浜育ちです。 スカーフの勉強を始めた頃から、シルクスカーフが横浜の地場産業であると知りました。 スカーフを介して、私と出会った皆さまに伝えていきたい想いです。

横浜スカーフ

1泊2日の旅支度は数枚のスカーフでOK

気候のいい頃の1泊2日の旅行には、 数枚のスカーフで身軽な旅支度で快適なご旅行を。

旅支度

ポケットチーフを挿すクールビズスタイリング

夏の軽装「クールビズ」を意識して、ノーネクタイのスタイリングの提案がありますね。

ポケットチーフ

巻かれているのではなく、巻いている!巻きこなしている感じ

ただ巻いているのか、意識して巻いているのかそのポイントをお伝えします。

巻きこなす
1 2 3 5 »
PAGETOP