50歳を過ぎると似合う洋服がわからない、おしゃれが楽しくない。白髪染めをやめたい、グレイヘアに興味があるなど悩みは尽きません。服を着ることが楽しくなれば心も豊かになり日常も変わります。今ある服でも十分におしゃれになれるヒントをご提案します。辛い時悲しい時こそおしゃれのチカラを信じてみませんか?
ブログ

スカーフストール知恵袋

「横浜スカーフ」はナショナルブランド

私は、横浜生まれ横浜育ちです。 スカーフの勉強を始めた頃から、シルクスカーフが横浜の地場産業であると知りました。 スカーフを介して、私と出会った皆さまに伝えていきたい想いです。

横浜スカーフ

1泊2日の旅支度は数枚のスカーフでOK

気候のいい頃の1泊2日の旅行には、 数枚のスカーフで身軽な旅支度で快適なご旅行を。

旅支度

ポケットチーフを挿すクールビズスタイリング

夏の軽装「クールビズ」を意識して、ノーネクタイのスタイリングの提案がありますね。

ポケットチーフ

巻かれているのではなく、巻いている!巻きこなしている感じ

ただ巻いているのか、意識して巻いているのかそのポイントをお伝えします。

巻きこなす

スカーフストール巻き方HOWTO本の落とし穴

最近、スカーフやストールの巻き方の本が多く出版されています。 「意外と役に立たない」という声も聞くのはなぜでしょう?

HOWTO本

バイヤス折りのスキルは流派があります

正方形のシルクスカーフの基本の折り方にバイヤス折りがあります。 この折り方は、シルクスカーフをお持ちの方は、是非知っておいてもらいたいスキルです。

ねじり結び

タオル地のストールが、ただのタオルを巻いていると思われないために

暑い季節はタオル地のストールを好む方が多いです。 だけれど、ストール風に巻かないとただのタオルと思われてしまいます。

タオル地ストール

同じ服でもストールで変わる七変化スタイリング~夏~

同じ服でも、ストールと小物でイメージが変わるスタイリングをお伝えします。 七変化なので、7パターンをご覧ください。

ストールを巻いたスタリング

シフォンスカーフのニュアンスアレンジ

かたちにならないシフォンですが、 適当に巻いてもかたちになってくれること エレガントな雰囲気を作るには,持って来いの素材なんです。

シルクシフォン

ボートネックラインを生かしたストールアレンジ

ボートネックにストールを合わせたとき、一歩間違えると 横広がりなだらしのない見え方になってしまいます。

ボートネック
« 1 2 3 5 »
PAGETOP