シルクスカーフのお手入れ方法をお伝えします。
デリケートな素材ですので、きちんとしたお手入れをして
長く愛用していただきたいです。

クリーニングに出すが一般的

シルクスカーフのお洗濯は、ドライクリーニングが一般的と思われています。

その理由として、
シルクは水洗いはダメ
高価なシルクはドライクリーニングが当然
ドライクリーニングに出せば、傷みもなく安心。。。

ところが、意外にトラブルも多いとか

国民生活センターからの報告もありますが、
受講者さまから直接トラブルの内容を伺ったこともあります。

こちらの記事「ドライクリーニングトラブル」を参考にしてください。

ホームクリーニングについて

汗ばむ季節に限らず、首元にあしらえば、多少湿気を帯びます。
いずれにせよ、清潔に保つことは必要不可欠です。

やはり、家で手洗いできる素材がお薦めです。
手洗いした方がさっぱりしますしね。

その度にクリーニングに出していては、
素材も傷めますしお金もかかります。

お気に入りなら、風合いも損ねず大事に使っていきたいのは山々です。

シャボン玉

そこで、その手洗いの方法をふたつお伝えします。

① 水、或いはぬる湯に極々少量の中性洗剤を入れます。
適量ではなく、泡立つか立たないかくらいで大丈夫。

洗剤については、おしゃれ着洗剤(アクロン、エマールなど)、
シルク専用洗剤などがお薦めです。

優しく押し洗いか、ゆるゆると水の中で洗う感じです。
そして、水を溜めゆるゆると手早くすすぎます。

長い時間の浸水は禁物。
タオルで充分に水分を取って(タオルドライ)、風通しのいい陰干しで乾かしましょう。
ぽたぽた水が落ちるなら浴室に干すことをお薦めします。

 

② 洗濯ネットに本体を畳んで入れたまま、
①の方法で洗う方法です。
ネットに入れて洗うのは、摩擦で生地の傷みを防ぐことができるからです。

更に
目の細かいネットに入れて、目の粗いネットに重ね入れて
①の方法で洗います。
このネットに入れて洗う方法は、スカーフショップで教えていただきました。

 

クリーニングを繰り返すと、風合いや生地を傷めます。
頃合いを見て、上手に利用されることをお薦めします。

ご自分から出た汗や汚れは、ゴシゴシ洗う必要もないですよね。
なので、使ったら家干しして湿気を飛ばす
汚れに気がついたらポイントで水だけ洗いでササっと。
こまめな日頃のお手入れこそが、実は大切です。

折角出会ったストールやスカーフを長く使っていただくためにも
お手入れを面倒と思わず
日頃の習慣にしてもらえるといいのですが。

 

シルク豆知識

 

シルクは紫外線が苦手なので、日向干しや日の当たるところに放置しておくことは
しないでください。
日に焼けて、色落ちや素材の劣化がすすみます。

 

シルクは呼吸しています。
ドライクリーニングのビニール袋に入れたままでは呼吸できません。
シルクに限らず、ビニール袋は外して収納しましょう。

 

念入りなお手入れは、季節の変わる入れ替えの時期ですね。
汚れたままは虫食いや変色の原因にもなります。

こちらの記事「収納と防虫について」も参考にしてください。

クリーニングとホームクリーニングを上手く使い分けて、
大切な布物をいつまでも長く愛用していくことをご提案します。

一枚一枚にその時のいい思い出はそのまま洗い流さずに。
流すのは汚れだけです。