季節と素材の選び方の思い違いが多いことにびっくり。
ぜひ、手放していただきたいのでお伝えします。
思い違いが選ぶ幅を狭めてしまって残念。。。

寒い冬は厚手の素材しかないでしょ?

この解釈は、大きな思い違いです。
たくさんのかたが、この思い違いをしています。

厚手でもこもこ素材のストールが冬の定番ではありません。

これもありと擁護しつつ、
薄手の軽い素材だって、寒い季節も充分使えます。

薄手で軽い素材って?
それは、カシミアだけでなく
進化したレーヨンのヴィスコースやモダール
もちろん、シルク
そして、アクリル
OKです。

薄手の素材をくるくる巻いてコートを羽織れば
防寒でもおしゃれアイテムでも全く問題ありません。

厚手のもこもこした素材は扱いにくくて、
でも冬だから仕方ないと思っているかた、
あなただけではなく、とても多いんです。

大き目のサイズで厚手のストールを首に巻くと、
重量感と威圧感で温かいけれど動作の可動率が落ちます。
肩が凝る、首が回りにくいとか
(ここの解決策は、ぬのこころレッスンでお伝えしています。)

なので、薄手の軽い素材もOKなこと、ぜひ知っておいてください。

進化したレーヨン素材は、お洗濯も手軽で
お手入れ、収納にも悩みません。
かなり出回っている商品でもあります。
何と言っても、3シーズン使えるところも経済的です。
今は、洗えるカシミヤやシルク素材もあります。

反対に、夏は麻や綿、パイルなどの素材が適しています。
が、ナチュラル系が好きなかたは4シーズン通して
麻や綿のストールを身につけるかたもいらっしゃいます。
さすがに、ウールやカシミヤは暑い夏には相応しくありませんね。

寒いから厚い素材じゃなきゃ温かくない
寒い時は薄い素材じゃ寒い
こういう思い違いを手放して
素材選びの幅を拡げてみませんか?

首元がめっちゃ軽いけれど温かい~ぜひ、感じてみて

ダウンベスト

寒い季節にブルーは冷たく感じるから選ばないほうがいい?

この気持ち、わからなくもないです。
感性でしかないので何とも言えませんが、
そういったルールは存在しません。

確かに、色には温度を感じさせる
寒色系は主に青
暖色系は主に赤、黄、橙
中性色系は主に緑、紫 があります。

色の心理効果を意図的に使って、服や小物を選ぶこともあります。

が、ここでは
寒く感じるから冬は青は選べない
暑い季節に赤は余計に暑く感じるから選べない
人への思いやりや与える印象が優先されるなら仕方ないですが、
そうではないのなら、この思い違いも手放してもいいかなです。

キャメルのコートに水色のストールで上品にとか
コバルトブルーのもこもこニットに白い細身のパンツでさわやかにとか
白のダッフルコートでスタイリッシュとか

全く問題ないです。

季節と色の感触を小さくくくって、選択肢の幅を狭めてしまっています。
勿体ないです。

ダッフルコート

季節を感じながらの素材や色選び

アイテムにもよりますが、
寒いから、暑いから

厚いから、薄いから

青いから、赤いから

季節と直結していた思い違いの感触を手放して
もう少し柔軟に、自由に選んでいただきたい想いです。

知らなかた~
それでいいんだ
そうなの
なるほどね
思い違いから解放されたなら幸いです。

季節を感じながら
今までと違う新しい感触と出会ってください。