職人さんの技術を間近で見てみたい
手業で仕上がる美しい縁を堪能しました。
これを維持していくこともお伝えします。

 

エルメスの手しごと展

手仕事 縁かがり

エルメスの職人技を披露してくれるイベント。
どうしても、縁かがりの職人技をこの目で見ておきたかったのです。

スカーフ一枚一枚、縁の仕上がりが違うことをご存知でしたか?
大きく分けると
立体的な縫い目の縁は職人の手業
平面的な縫い目の縁は機械で縫製 になります。

エルメスは、職人の手業で縁をかがっているので立体的なのです。

これは、手巻き縁縫い
スカーフの縁を丸めながら、丁寧にひと針ひと針進めていきます。
キャリア云十年の女性職人が、その技を披露してくださるのです。
88㎝×88㎝のスカーフの縁を40分で完成させる熟年の職人技に感動しました。
時折見せる笑顔の余裕
ブランドの誇りですね。

エルメス 縁かがり

 

縁を守る

このひと針ひと針の手業を拝見したら
この縁の立体感を維持することを教えていただきました。

アイロンを当てるときは、
この縁をつぶさないように、縁の手前までにしておくこと

職人さんの丁寧な仕上がりを守っていきたいです。

手持ちにスカーフの縁が立体的なら、間違いなく手業ですので
大事にしてください。

この立体的な縁は、
トリミングのようでアレンジを引き立ててくれます。
ぜひ、守っていきましょう。

シルクスカーフの表裏を見分ける方法

スカーフの裏表の判断を
縁の縫い目でされるかたが殆どです。

ところが、手業の縁かがりは、表側に丸める場合と裏側に丸める場合があります。

表側に丸めた縁かがりは、表を裏と勘違いされるかたがとても多いです。

柄の濃淡も合わせて、
殆どの場合
濃い方が表
淡い方が裏 と考えます。

縁だけでなく柄も一緒に見て判断してください。

そして、迷ったら柄を優先にしてください。

縁より柄で表裏を判断しましょう。