おしゃれしたいって、心が元気なとき
反対に、おしゃれが元気をくれることもありませんか?

日常の現実

人は皆、それぞれに何かを背負っています。
何もないなんて、ほぼあり得ないかな。

家族の介護だったり
自分自身の病だったり
夫婦の問題だったり
ご近所のトラブルだったりと
困りごとや悩みはどなたにも何かしらありますね。

そして、老いていくこと
現実はいつも隣合わせです。

それぞれのことを抱えながらも一日一日生きています。

闇

いいことばかりじゃないから、
時にはくたびれてしまいます。

考えれば考えるほどネガティブになり兼ねない

落ち込んでしまうこともあります。

気分転換におしゃれはいかが?

気持ちが闇の中でもがいていたら、
時が解決してくれると自然治癒に任せることもあり
行動的に自ら動いていくこともありです。

全てではないですが、
自分のお気に入りで気分転換してみる

そのお気に入りが、
服やアクセサリー、靴とかファッションアイテムでもいいわけです。

「イヤリングはいかが?」とお薦めした女性は、
とっておきの大好きなお気に入りアイテムとなりました。
イヤリングをした自分を鏡で見るだけも気持ちが上がるそうです。

爪に赤いマニュキアをする女性は、
常に目に入る手元の赤いマニュキアが元気をくれると話してくれました。

わたしなら、お気に入りのスカーフを巻いて散歩に出掛けるとかね。

気分転換に
映画を見る
美味しいものを食べる
旅に出る
ただただ寝る。。。
いろいろな選択肢の中に、
お気に入りのファッションアイテムを身につけてみることもひとつ加えてくれたらと。
モノは言わないけれど味方してくれるみたいな存在になってくれればいいかな。

選択肢が多ければ、それだけ心強いもの。
お気に入りが支えてくれること、ご提案します。

おしゃれが前向きにしてくれる

気持ちが落ち込んでいるときに、おしゃれまで辿り着くには相当のエネルギーがいるかもしれません。

実は、おしゃれしたいって
気持ちが元気でなければできないんですね。

そもそも、おしゃれって
みなりや化粧など洗練された気のきいたものにしようと心を配ることとあります。

顔を洗って、歯を磨いて
髪を整え、お化粧をして
いつもなら当たり前にできる流れ作業
身なりを整えることから

次に、お気に入りを身につけてみる
袖を通して着こなしてみる
首に巻いて巻きこなしてみる。。。

言葉が悪いですが、自分をだましだまし元気づけていく
歳を感じたら、そういうモノや場所を幾つか見つけておくと
自分で自分を癒したり元気にしてくれたりできますね。
わたしからお伝えしていきたいことでもあります。

香水

おしゃれセラピー

かなり前から、おしゃれにはセラピー要素があると気づきはじめました。

おしゃれで自分の心を元気にする

心地よさも
前向きになれることも

おしゃれしたいと考えるとウキウキしてくる

さらに、お出掛けしたくなる
人と会いたくなる
おしゃべりしたくなる

おしゃれも気持ち次第ですね。

そして、もうひとつ
おしゃれな女性
素敵な女性 を見掛けたり出会ったりすると
元気をもらえることもありませんか?

自分がおしゃれすることで元気になる能動的なご提案
おしゃれな女性から元気をいただく受動的なご提案

どちらも行動することで気持ちを上げていける

ひとつの考え方として、参考にしていただけたら幸いです。

 

医学的な見解はできませんが、
自分にある自己治癒力を信じて、
おしゃれのチカラも借りて元気になれれば
と、わたしはお伝えします。