まだ、からだが動くうちに
身の回りの老い支度をそろそろそろ始めてもいいのかも。。。
一番に整理したいのは、どうも衣服らしいと世間の気持ち。

服溜まりの呪縛

現代生活で、裸では暮らせません。
服を着なくては生活できませんね。

必要最低限あればいいのか?

いやいや、
女性なら着ることを楽しみたいものです。

着ることを楽しみたい女性は、対外お買い物好き。
sale、流行りもの、手を出しやすいです。
と、わたしも且つてそうでした。

過去のツケが、もしかして収納量のキャパを超越しているかもしれません。

どこになんの服があるかわからないと探す手間
手持ちの服の存在さえ忘れています。
結局、手前の同じ服ばかりを回す状態
せっかくのお宝が眠っていては勿体ないですね。

そろそろ老い支度
元気なうちに、一度見直しをしてはいかがでしょうか?
全ては、老後の生活を楽に楽しむためです。

いくつになっても
おしゃれ心は持ち続けていたいものです。

shoes

(靴の山。。。服もこんな感じになり兼ねない)

残す服の基準は?手放す服の目安は?

まずは、着る服、着ない服を見極めることからですね。

いつか痩せたらとか。。。
ハイブランドだからとか。。。
また、着るかもしれない。。。

これらの理由が、服溜まりの原因と思われます。

整理や片付け、断捨離、ミニマリストなどそれそれの考え方があります。
どの考え方が、自分にとっていいのか、参考にしてみてください。

「捨てる」「手放す」
同じ行為でも、気持ちの置きどころが違います。
「残す」「処分する」
「必要」「不要」
全く真逆の思考ですが、どちらの方が自分にしっくりきますか?
思考次第で、手の動きが変わります。

「これからも着たい」「もう着たくない」
「まだ着れる」「もう着れなくなった」
自分の気持ちと服のサイズや状態も目安になります。

事務的な作業として考えるか
感情を優先に考えるか
正解はないです。
どの考え方も、それぞれにいいところがあります。

わたしの場合も、臨機応変で対応しています。

クローゼット

整然と服が納まっていれば、
着たい服がすぐに取り出せます。
衣替えの手間も省けます。
服を着ることが楽になると思いませんか?

服を着る生活は必然。
ただ生きるために、なんでもいいから服を着るか?
豊かに生きるために服を着ることを楽しむか?

くどいようですが、
着たい服と着ない服を仕分けすること、お薦めです。

できたらね、
タイミングを見ながら、常に風通しをよくしておくと
新鮮な風が吹き込んでくるものです。

新しいアイテムとか
新しいコーディネートとかね。