横浜を中心にシニアに生き生きとした暮らしを提案しています。スカーフを味方にしたトータルコーディネートでちょっとエレガントに非日常を味わってみませんか?
ブログ

美意識で服を着る

自分の美意識で服を着る
美意識って、ちょっとキザな感じがしますね。
ナルシスト?
自意識過剰?


美意識は、美しいと感じる心

「どんな物事に美しいと感じるか?」
考えたことありますか?

色鮮やかな花
真っ青な空
モネの絵画
古い家具

目に映るものから美しいと感じる要素に
きっとあなた自身の共通点があるはずです。

その共通点があなたの美意識です。

どんな物事に美意識を感じるか?
そこに、センスとか感性とかが宿ると確信しています。

着こなす服に美意識を感じさせる

ピンク色と水色の花の配色が、とても心を動かされ
水色のニットにピンク色と水色のあるマフラーを合わせてみました。
この配色が、私の中の美意識です。

 

モネ展のスイレンの絵画を色合いを意識して、同じような色合いのスタイリングを作りました。
淡いグレイッシュなブルーがモネの特徴ですね。
モネの絵画の色合いが私が美しいと感じる要素です。


美意識が個性に繋がる

美しいと感じる要素が、自分にある美意識です。

自分が美しいと思っても、他の人は何も思わない
他の人が美しいと思うことが、私は特に思わない
人それぞれです。
そして、それは個性に繋がる一因です。

作為や計算もない
心のまま感じればいい
ニュートラルな心で。

心に残った色やフィーリングを
スタイリングに活かしたい
目で見て
心で感じることが
全て私自身になっていきます。

服だけだなく、
インテリアや食器など
自分を取り囲む暮らしにも反映されます。

作りこまない自然美

不自然
違和感
この感触が一番苦手です。

ありのままの素材、姿を
いかに美しく生かすかを考えると
ストールの素材や色を活かした巻き方にも
服のデザインや質感を活かした着こなしにも通用します。
そして、その人のいいなと感じる本質を見抜いて
さらに磨いていただけるようなアシストをするのが好きです。

ハンギングバスケットを作るときも、
花の向きやツルの向きなどを考えてデザインします。
素材をよくよく観察して
自然な感じに作るのです。

素材の美しさに敏感にキャッチできること

自然体で
等身大な
ありのままの美しさを感じられる心に美意識が宿ると考えます。

 

侘と寂の美意識

年齢を重ねていくことを受け入れ、
そこにも美はあります。
重ねてきただけの私の美。

侘は、
不足のなかに心の充足をみいだそうとする意識
寂は、閑寂さのなかに、奥深いものや豊かなものがおのずと感じられる美しさ

少ない服でも工夫や知恵を働かせて、美が宿る着こなしを目指す
シンプルな服は、素材や質感が自分と一体化するような心地よさに美を感じる

人も心も
時間と共に美意識も変化していくことを感じてもらいたい。

 

 

 

PAGETOP