先日のイベントでこんな声を聞きました。

似合うって、色だけじゃないんですって。

「どういうことなの???」

「この間、カラー診断を受けたら色だけじゃなくて、
骨格診断も必要と言われて受けたんです。。。」

確かに、ここ最近
骨格診断の3つのタイプに群がってる感じはありました。

相変わらず、色と骨格でビジネスにしてますね。

どちらも、協会の養成から始まって、資格を取得してサービスにするかたちですね。

診断ビジネスが成立してます。

 

 

骨格って、体格ですよね。

聞こえは「骨格」でも、体格とか体型のことじゃないのかな。

骨の太さとか、上半身の厚みとか、肉付きとか。。。の診断材料って、
体格とか体型を観察してますよね。

「体格」とか「体型」って、従来の言葉なので、
新しい感じがしないからかな。

果ては、「体格診断」「体型診断」では、
全くその気になりませんものね。

診断がお好き?

色で行き詰ったから、新たな診断を作ったとしか言いようがないと思うのです。

或いは、色で尽きたから新しいサービスを始めてる。

ここまでの広がりには、
それだけ需要があるということは間違いないですが。

どうも、診断してもらうことがお好きのようです。

この深層心理って何なんだろう?
自分のことを知りたい
自分をよく見せたい
自信が欲しい

他人の目が気になるから、診断してもらうことで安心を得たいのでしょうか?

あくまでも、依存せず参考程度にした方が賢明です。
だって、その資格を持った診断者が全て同じ答えを出すかって言ったらどうでしょう?
私は、全てではないと思いますよ。
同じカリキュラムを修了しているはずなのにね。

あとは、あなた次第です。

 

自分でいいなと思えれば、一番いいんじゃないかなと思います。

 

他人の評価より、
自分の気持ちに合う服を着ることをご提案しております。
着たい服を着る
好きな服を着る

服と合わせて、一枚のスカーフストールで首元をチェンジするコーディネートは楽しいですよ。

本当に色々なニュアンスや雰囲気が変わります。

是非、体験してみませんか?

ご興味あれば、こちらまで。