50歳を過ぎると似合う洋服がわからない、おしゃれが楽しくない。白髪染めをやめたい、グレイヘアに興味があるなど悩みは尽きません。服を着ることが楽しくなれば心も豊かになり日常も変わります。今ある服でも十分におしゃれになれるヒントをご提案します。辛い時悲しい時こそおしゃれのチカラを信じてみませんか?

ブログ

「センス」は積み重ねた美意識

不定期に想いを綴ります。 今回は「センス」について

サクラダファミリア

流行りのグレイヘアの功罪

「グレイヘア」のワードが雑誌やTVを賑わせています。 これもメディアが仕掛け人

メイ首相

スウィッチスカーフのスタイリングと年中行事

1年は12ヵ月 季節を感じる行事が月ごとにあるのも日本の特徴でしょうか。 セレモニーやお慶びの行事のたびに服を新調していたらとんでもないことになります。 そこで、一枚のスカーフで行事に華を添えてみませんか?

横浜スカーフ

タートルネックとスカーフ

タートルネックは、寒い季節には首回りを保温してくれるので 着装率が高くなりますね。 タートルの中にスカーフを忍ばせると 巻き心地もよく何より温かいです。

タートルネック

滑り落ちるファーとファー付きストールのお悩み

ファーの巻き方のご質問がありました。 動物愛護の問題でリアルファーは需要がありません。 今はフェイクファーが主流です。

ファーマフラー

スヌードのアレンジ

数年前にスヌードが店頭に並び始めました。 最初から輪になっているので、 そのまま頭をくぐらせたりで簡単に首元のおしゃれができることで人気になりました。 ところが、「スヌードってこれしかできない?」とよくご質問されます。

スヌード

ぬのこころスタイリングの方程式

Instagram投稿のトータルスタイリングを発信。 どのようにしてスタイリングしているかのヒントをお伝えします。

シニアスタイリング

基本なくして巻き映えするアレンジは生まれない

ものごとは、基本のキなしでは極めることはできないと受け留めています。 正方形のスカーフを自由自在に操れるのも 基本のキに宿っていると実感。

基本の結び

衣類の静電気

乾燥する冬の季節、静電気に悩まされることが多くなります。 ある生徒さんから、シルクスカーフの静電気は どうしたらいいでしょう? とお悩みを打ち明けられました。

静電気

ミニ(プチ)スカーフについて

定番のスカーフは88㎝×88㎝です。 それより、小さいサイズのスカーフを ミニスカーフやプチスカーフといいます …

ミニスカーフアレンジ
1 2 3 11 »
PAGETOP