横浜を中心にシニアに生き生きとした暮らしを提案しています。スカーフを味方にしたトータルコーディネートでちょっとエレガントに非日常を味わってみませんか?

ブログ

タートルネックを着たくなくなったら

寒い冬に首元からの冷気の侵入を防いでくれると タートルネックを選びたがります。 ところが、タートルネック着たくないと思ったことありませんか?

横浜スカーフ

シニアファッションのリアル

シニアのファッションショーのお手伝いから聞こえた生の声 わたしがお会いした一部のシニアさまですが、 おしゃれってスゴいチカラを持っています。

老眼

シニアのデニムスタイル

年齢を重ねてくると、デニムはちょっと無理と敬遠されるのかな? わたしは、いくつになっても着ていたい派 終身定番です。

デニムジャケット

シニアスタイルにちょっとした赤遣い

ある情報誌を拝見して被ってしまうかもしれませんが、 少量の赤はいい仕事をしてくれます。

赤色

シニアが目指すおしゃれとは?

いくつになっても女性は「おしゃれ」という言葉に敏感です、 「いつまでもおしゃれでいたい」 「もうおしゃれなんてここ何年もしていない」

アンティーク

身の丈に合った装い

「身の丈に合う」は身長や体型にぴったりという意味と 能力や地位に相応しい「分相応」の意味があるようです。

実寸

よくあるスタイリングにわたし要素を加えて

よくあるスタイリングですが、 わたし要素を加えることで差別化を図ります。 ご参考までに。

Gジャンとチノクロス

わたしはきっかけでしかありません

パーソナルなご相談を始めて半年が経ち、 3名様と関わらせていただきました。 何を求めているのか? 一緒に考えていきます。

きっかけ

程よさで巻く

秋の気配と共に、 だんだんと外の景色がダークになってきます。 圧倒的に暗い色のアウターが多くなります。

赤と黒

素材を殺さないために

服やスカーフストールなどを選ぶとき、 最優先に色と答えるかたが圧倒的に多いです。 わたしは、奥深く広げて巻く人も素材のひとつと考えています。

ストール
1 2 3 11 »
PAGETOP