年齢を味方にしたコーディネート。いくつになってもしゃれっ気は忘れたくない。手持ちの服を今以上の価値あるスタイルにしたい。賢く上品なシニアファッション。還暦。アラ暦。グレイヘア。シルバー。

ブログ

おしゃれは精神的に必要

いくつになってもおしゃれしていたい。 それって、実はとても大切なこととお伝えしたい。

野の花

ミニ(プチ)スカーフは手軽さ抜群

レギュラーサイズの88㎝×88㎝の大きさより小さめのスカーフがミニ(プチ)スカーフです。 英語表記と仏語表記の違いで、ミニとプチで表しています。

ミニスカーフ

服を上手に着るにはバランス感覚がモノをいう

服を上手に着るには、バランスは不可欠です。 いろいろな視点からバランスを考えてみました。

バランス

いつもの服だけど「なんかいい感じ」にするには

いつものお決まりスタイリングってありませんか? 年齢とともに、お決まりが定着しつつあります。

デニムスタイル

年齢を意識したリボン結び

スカーフの基本の結び方にリボン結びがあります。 認定試験では、この結び方が完璧でないと合格できませんでした。 このスキルを年齢を意識してご提案します。

リボン結び

関東人と関西人で違う色選び

関東人と関西人の色選びに違いがあるなって、高校時代の頃から感じていました。 神戸の友人宅に遊びに行った記憶からです。 あくまでも、個人的な見解ですので誤解のないように。

東京

ぬのこころスタイリングの方程式vol.3

ぬのこころのスタイリングvol.3をお伝えします。

ベージュ

シニアはどこで服を買ったらいいのかわからない

年齢と共に、どこで服を買ったらいいのか迷うところ あなたは、いかがですか?

モール

「着る」と「装う」

「着る」こと、「装う」ことについて文献などを読んだ上、わたしの考えをお伝えします。

美智子さま

素材で変わる色の見えかた

布地の色は、素材によって見えかたが違うことを知っておいてもらいたいです。

red
1 2 3 13 »
PAGETOP