わたしの白髪染めをやめたお話です。
ひとりの生徒さんの出会いから、大きな転換期を迎えました。

白髪染めをやめるまで

残念ながら、
加齢とともに白髪になっていきます。

だんだんと白いものが目立ってくると
白髪染めをするようになりましたね。

最初に、白髪を染めたのはいつの頃か覚えていますか?

髪の生え際や根本の白が目立つのが耐えられなくなり、
染める回数も増えていきました。

白い根本が伸びてきてストレス
白髪を染める手間のストレス

時間もお金も気持ちも負担ばかり。

でもね、「還暦迎えたらやめる」と密かに決めていたのです。

ところが、前倒しでやめる決心ができたことは、いい意味で大誤算でした。

それは、カルチャーで出会った生徒さん。
白髪を生かしたヘアースタイルがとってもステキで質問攻め。
こういう選択肢もありだわね、と。
快く美容院を紹介してくれたのです。

美容師さんの技術

その2^3日後、ご紹介いただいた美容院へ。

初めての美容院、
初めての美容師さんて、かなり緊張するもの。

まして、白髪を染めないことも初めて。

初めましての美容師さんは、初老の(きっと怒られます)紳士でした。
ベテランの域を脱し、この道ウン十年ひと筋。
娘さんは、ロンドンで美容師
その腕とDNAは間違いなさそう

「まだ、黒い髪がかなりあるからね」と
カット後のカラーリング

このくせ者の黒い髪に、ブリーチ剤を混ぜて微妙な色を入れてくれたのです。
品質もかなりよくなっているブリーチ剤と
絶妙なニュアンスのカラー配合

なるほど、
馴染ませていくんだ。

おしゃべりに華が咲いている間も、髪色がどんなになっているのか不安×不安も。

予想以上の染め上がりに、もう感激!もう感謝!

そして、解放感
今までにない髪色で生まれ変わって、大きな転換期を迎えました。

ショートカットのわたし
髪が伸びてもカット技術の高さ
白髪が伸びても目立たないカラーリングのお陰で、
美容院に行く回数も減り時間も経済もエコロジーになりました。

 

グレイヘア

白髪染めをやめてから

一番は、白髪からの解放感
染める
目立つ
気になる
一切なくなりました。

出会った生徒さま
今も信頼している初老の美容師さまとの出会いがなければ
まだまだ白髪に振り回されていたでしょう。

心から感謝です。

あれから、数年
今は殆ど黒い髪も目立たくなっています。
「随分と黒がなくなったね」

グレイヘアを目指す移行期
時間とともに自然に任せているから悩まれるのでしょう。

その過程を楽しめるならそれはそれで。

わたしは、やめると決心して
ほぼ完成形に仕上げてもらったので、
悩むことなく気持ちの切り替えも早かったです。

本人は大喜びでも、
家族や周りの人間は驚くばかりで
慣れてもらうしかない
もう、戻る気なんてさらさらありません宣言。

早速、ショッキングな洗礼を受けたのが
電車で座席を譲ってもらったこと!
「いえいえ、大丈夫です」とお断りするも
今は、ちゃっかり
「ありがとうございます」です。

ファッションにも影響

髪の色が軽やかな色になると、
ちょっと色みの冒険ができるみたい。

ただし、ダークな色みについては
取り入れ方やバランスをかなり調整しています。

明度の高い色、
彩度の振り幅を広げて積極的に選んでも違和感を持たなくなりました。

また、気持ちの変化がスタイルにも影響して、
エレガントな要素をさり気なくを意識するようになったのは
自分でもびっくりです。
あくまでも、わたしなりのエレガントですが。

スカーフストールの色や素材、巻き方にもエレガントプラスです。

グレイヘア

 

街行く人の中で、
白髪の女性も男性も、かなりお見掛けします。
シニア世代はもちろんですが、
黒々とした髪色のシニアさまもいらっしゃいます。

わたしは、とてもいいタイミングで生まれ変われました。