地元情報誌に行政からのご依頼されたイベントの様子が掲載されました。

横浜市港北区情報誌「楽遊学」1月号に掲載

昨年の「港北区まちの先生」による「元気なシニアのファッション講座」の様子が、
港北区の「活動」をつなぐ情報誌(隔月発行)楽遊学1月号に掲載されました。

区民活動の一環で、港北区区民活動センターからのご依頼をいただいたものです。

主旨は、綱島地区センター開館30周年記念の行事で
「元気なシニアファッションショー」のイベントのひとつをお手伝いさせていただいた次第です。

こちらのタウンニュース でも紹介されています。

ほんの一部ですが、シニアさまのステキな装いが垣間見れます。

いつもダンディに決めてくれる紳士は、ボルサリーノのハットがよくお似合いです。
白のストール、ポケットチーフのご提案をしました。

後姿のご婦人は、旅スタイル
普段からとてもおしゃれで、とても優美です。
皆さまの前で、ストールを巻く姿を披露してくれました。

シニアファッションショー

地元シニアさまとの交流が財産に

この企画によって、地元のシニアさまとの交流が生まれたことは
非常に大きな財産となりました。

実は、あれからお茶会に来ていただいたりと交流が継続しています。

「スカーフストールの結び方巻き方」の講座では、とても熱心に取り組んでいただき
皆さまの顔がどんどん笑顔になっていくご様子から、
年齢を重ねても、おしゃれ大好き おしゃれに興味がある もっとおしゃれがしたい気持ちが
リアルに伝わってきます。

とても前向きで好奇心旺盛。
この年齢だからでしょうか?
ご自分の気持ちを大事に、年齢を重ねていくことに迷いがありません。

その気持ちを汲み取って最大限応えたいと思わざるを得ないものです。

きっと、ここにいないシニアさまも同じ想いのかたがいらっしゃるんじゃないのかな。
実は、今回は応募が多く抽選で選ばれた方々でしたので、
関心の高さが伺えます。

集大成のファッションショーでは、
緊張の面持ちもながらも、とても楽しそうな雰囲気に包まれて大成功となりました。
見学の皆さまからの拍手喝采は、ショーに出演したシニアさまにとって
きっと自信といい思い出になったことでしょう。
もちろん、わたしも含めてです。

わたしは裏方に徹し、
お一人お一人のスタイリングのチェックに精を出しチカラを発揮させていただきました。

お互いがお互いをたたえ、達成感と共にひとつのチームになったような喜びを今も思い出します。

 

これからも

おしゃれ大好き
もっとおしゃれがしたい
本当はおしゃれがしたいの

関心のあるシニアさまの背中を押すような活動もしていきたいと
心から感じました。

しゃれっ気は心も前向きに、
そして元気にしてくれます。