よくご相談されるのが、特大の正方形スカーフ。
大き過ぎてどうしたらいいのか
一度も使ったことがないです。

特大の正方形スカーフのお悩みは本当に多いです。

特にウール素材で108~125㎝四方のサイズ。
確かにやや肉厚で、シルクスカーフのイメージが強すぎることもあるかも。
意外と使いこなせば便利ものなんですよ。

「これ大き過ぎで使えなくて」

「この大判スカーフのやり方が分からない」

「ひざ掛けにしている」・・・

大きさが原因で戸惑われているようです。

大は小を兼ねる

発想の転換で、「大は小を兼ねる」と考えてみてください。

これは、126㎝×126㎝の大きさでウール素材。
ウールは、数回折るだけで厚みが出ますので、首にあしらうと若干窮屈な感じになります。

 

半分に折って、その幅の1/3になるように折りました。
ひと巻きして両端を輪に上から差し入れただけです。
大判もコンパクトになりました。

大判スカーフ

三角に折って首の後ろで交差して前で結ぶアフガン風アレンジ。
結び目も角も真中にせず、どちらかに寄せてアンバランスにします。

大判スカーフ

 

上のアフガン風の結び目を折り山で隠したアレンジです。
折り山を折り返して隠しているので、
コンパクトになりましたがボリュームが出ます。

大判スカーフ

 

三角に折って羽織りました。
折り山の途中で結んで固定しています。
固定することで、外れる心配もなく両手をきちんと使えます。

大判スカーフ

 

バイヤス折りからの8の字結びです。

大判スカーフ

簡単ですが、少しだけアレンジを紹介しました。

大きいサイズでもアレンジは、正方形のシルクスカーフと変わりません。
織り重ねると厚みが出て、巻き心地が悪くなることもあります。

ただ羽織るだけでも温かく
アクセントにもなります。

 

「意外と色々使えるんですね」

眠らせておいた特大スカーフを見直してみてください。