よくご相談されるのが、特大の正方形のスカーフ。
大きすぎてどうしたらいいの?
一度も使ったことがないという現実も見えてきます。

特大の正方形スカーフのお悩みは本当に多いです

ウール素材で108~125㎝四方のサイズでお困りの方が本当に多いです。

大きい、大きすぎというサイズ感で圧倒されてしまって使いようがないと
はなから諦めている様子が伺えます。

ウール素材なら、確かにやや肉厚
更に正方形とあって扱いにくいのかもしれません。

ところが、意外と使いこなせることを知ってもらえば便利ものなんですよ。

「これ大きすぎで使えない」

「この大判スカーフの使い方がわからない」

「ひざ掛けにしている」・・・

大きさと正方形に手の出しようがないと諦めつつ、
でも、使えるなら使いたいという気持ちが伝わってきます。

大は小を兼ねる

発想の転換で、「大は小を兼ねる」と考えてみてはいかがでしょうか?

画像のスカーフは、126㎝×126㎝サイズのウール素材。
ウールは、数回折るだけで厚みが出てしまうので、
首に巻くと若干窮屈な感じになることは拒めません。

では、アレンジを少しご紹介します。

半分に折って、更にその幅の1/3になるように折りました。
首にひと巻きして両端を上から輪に差し入れただけです。
あの大判でもここまでコンパクトにできるアレンジです。
少々、厚みが気になるところですが。

大判スカーフ

 

対角線を合わせて三角形に折ってから、両端を首の後ろで交差して前で結ぶアフガンスタイル。
結び目も角も真中にせず、少しでも右か左に寄せてアンバランスにするのがコツです。

大判スカーフ

 

上の折り方同様に三角形に折って、肩から羽織りました。
折り山の途中を結んで固定しています。
固定することで、外れる心配もなく安定したアレンジになります。
気にせず両手を使えることは、意外と忘れられがちな利便性です。

 

大判スカーフ

実は、大きなサイズでも正方形のシルクスカーフのアレンジとほぼ同じです。

折り重ねると厚みが出て、巻き心地が悪くなる素材でもあるので、
折る回数で厚みを調整して、肌当たりを優しくする工夫をしています。

「ウール」の素材にも厚みや柔らかさの違いがあります。
巻き心地を優先したアレンジを選ぶことも必要ですね。

大きすぎるサイズ
厚みのある素材
正方形のカタチ
これに圧倒されることなく、ぜひ使っていただきたい。

「大は小を兼ねる」で使い勝手がいいと考えてはいかがでしょうか?

「そういえば、仕舞い込んだのがあったな」
眠っている特大スカーフをこの機会に見直してみませんか?