今年は、ご縁をいただいてたくさんのシニアの皆さまと
スカーフストールで笑顔な時間をいただきました。

シニアさまのおしゃれゴト

地域のケアプラザからのご依頼
シニアのグループさまからのご依頼
富裕層の老人ホームからのご依頼

女性(男性も含め)は、年齢を重ねてもおしゃれゴトは好きかもしれません。

おしゃれに関心がある
奇麗でいたい
身に着けるものに気を遣う

年齢に関係なく、身なりに関心を持ち続けることは
とても大切なことです。
気持ちも明るくなり、前向きに暮らしていくためのビタミン効果があります。
更に、自分自身に関心を持つことで
ボケ防止にもなるそうです。

「これね、昔のスカーフなのよ」
「スカーフ巻いているとあったかいね」
「普段はしないのよ」

そんな声も聞こえてきますが、
首元にスカーフを巻いていらっしゃるシニアさまも少なくないです。

ただ結んでいるだけでも、なぜか様になっているのはどうしてでしょうか?
若い頃からのスカーフ歴が長いから?
スカーフの良さを周知されているから?
シニアさまの若い頃は、
スカーフを巻くことでおしゃれ気分を楽しんでいらしたのかもしれませんね。

これを機に、おしゃれ心を思い出してくれたかたも
また、おしゃれしたいね
おしゃれしてもいいのね
おしゃれするのが恥ずかしい

いくつになっても、
「おしゃれ」というフレーズは心がときめく魔法の言葉ですね。

仕舞い込んでいたスカーフでも
ずっとしていなかったイヤリングでも

お出掛けのとき、
「スカーフを巻いていこうかしら」
「イヤリングしてみようかな」
持っているのに、全く使っていなかったもので楽しめます。

気持ちの持ちよう
気持ち次第です。

身体能力は衰えても、
気持ちさえ前向きなら、
毎日の暮らしぶりも変わっていきます。

好奇心
おしゃれゴト
おしゃべりなど好きなことがあれば
自分を支えてくれます。

お会いしたシニアさまが
スカーフストールで喜んでいただけたことで
わたしも元気をいただきました。

これからも、
スカーフストールのスキルを活かして
シニアさまが笑顔になれるようなご提案をしていきたいです。

年齢を重ねても
前向きになれる道具として
スカーフストールも仲間に入れてください。