よくご質問されるひとつに
シルクシフォンのロングスカーフがあります。
「このテロテロしたスカーフはどうしたらいいのですか?」
きっと、薄くて手応えのない素材だからでしょう。

シフォンって、なに?

シフォンは、たて糸とよこ糸を交互に交差させる平織りのごく薄い絹織物です。

絹糸の繊細さで透け感のある
とても軽い素材です。

しっかりとしたシルクのスカーフとは違って、
きっちりしたアレンジには不向きかもしれません。
かたちが作りにくいので、
手持ちにあっても、どう使っていいか分からないということなんです。

でもね、その特徴を逆手に考えてみれば、なかなかのものなんです。

実は、シフォンスカーフは一枚あると重宝します。

シフォン素材のかたちにならないくしゅくしゅとした特徴を生かします。

例えば、ただ無造作に巻くだけでも、ニュアンスを生むアレンジを
難なく完成できるのです。
無造作に巻いても、かたちにならないけれどかたちになってしまう
これがシフォンの一番のポイントです。

これは、ただただ首に巻きつけただけのアレンジです。

透け感のある素材なので、重たく感じません。
軽やかで優し気な雰囲気になります。
女性らしさも表現します。

 

 

シルクシフォン

シフォンスカーフでリボン結びのアレンジ

リボン結びって、年齢を重ねるとミスマッチなアレンジと思われがちですね。
若ぶっている
ぶりっこ
ところが、シフォンのスカーフでリボン結びをすると
リボンが主張しないのでくしゅくしゅふわふわした結びのアレンジに見えて
とても豪華です。

シフォンでリボン結び

よくよく見るとリボンなのね。
透け感のある薄い素材なので、
軽やかなボリューム感で首元が一気にエレガントな雰囲気になります。

きちっとしたリボンでなくふわふわリボンなら、さり気なくアピール。

この時に、リボンは右か左に寄せるとアンシンメトリーのスタイリングになります。
襟がなければ、結び目を首の横後ろ(肩に乗せる感じ)にするのもなかなかいいですよ。

かたちにならないシフォンですが、
適当に巻いてもかたちになってくれること
エレガントな雰囲気を作るには,持ってこいの素材なんです。

シフォンにはボリュームを

透け感は、重たくならず軽やかです。

こういった素材で気をつけてもらいたいのは、
ボリュームを作ること

それには、素材を重ねて
空気も一緒に重ねるとボリュームを作れます。

くしゅくしゅ空気を含んで巻いたり結んだり

いかに素材のもつ特徴を生かせるか、生かしてアレンジするかが
とても大切です。

シフォンならではの装いを楽しんでみてください。