意外と知られていないマナー
この年齢なら知らないことで恥をかくことはしたくないです。
年齢の取り方はその人次第です。

スカーフとストールの違い

既にわたしのブログを読んでいただいたかたはご存知かもしれませんが、
スカーフとストールはカテゴリーが違います。

スカーフは、着装(服装)の一部。
ストール、マフラーは、外套着扱いです。

これについて、知らないかたが多いことで
マナー常識が消えつつあります。

スカーフとストールは、
首に装う巻き物とひとくくりにされがちなのも現状です。

これからの世代に継承すべき項目と考えています。

フォーマルでのスカーフストール装いマナー

フォーマルな行事ではマナーを知らないと大変失礼になります。
個人レベルの恥ではなく、親族までも被害にあいます。

最近は、そういったマナーを知らないことで済まされている傾向にあります。
実は、若い老いに関係ないこと、
いい年齢の取り方は、その人次第だということです。

せめてフォーマルの席では、常識的なマナーを守った装いをするべきと考えます。

冠婚葬祭、フォーマルなお席では、
シルクスカーフは服の一部なので、敢えて外す必要はありません。

ストール(マフラー)は外套着扱いなので、着脱して入室するのが正式です。

どうか、心に留めていただきたいです。

喪の席での勘違い

喪の席、特に寒い季節によく見掛ける光景があります。

黒いパシュミナを羽織って、祭壇の前で手を合わせていらっしゃるかた。
実は、とても失礼な行為なんです。

先程も申し上げたように、パシュミナストールは外套着扱いです。

祭壇に行く前に、パシュミナストールは外さなくてはいけません。
それを知っているのと知らないでは、故人に対しても失礼です。

黒のシルクスカーフ、正方形でもロングでもスカーフなら問題はありません。
このスカーフとストールの区別は、サイズと素材のシルクかシルク以外と考えてください。

このマナーについては、思いやりのあるスカーフストール遣いの姿勢であると
言葉よりも行動で示していきたい想いです。
そして、次世代にも継承していくつもりです。

共感いただけるなら、ぜひお伝え願いたいです。

スカーフストールのマナー

礼服とマナーについて

マナーとは、見苦しくないよう努力することが、
大勢の中で生きていく大事なことと考えます。

失礼ではないか?
喜んでくれるか?
主役を立てる思いやりの心こそが根底になければなりません。

最近は、恥ずかしい気持ちが鈍くなっている傾向があることが
とても残念です。

慶事より弔事については、特にマナーを意識すべきとお伝えしたいです。
故人を敬う
故人を見送る

葬儀ではブラックフォーマルが常です。
布製のバッグとシンプルなパンプス
ネックレスは一連、
二連、三簾は悲しみが重なるという習わしから不可です。
イヤリングはひと粒
ブラックパールか黒曜石
ゴールドの金具は不可
真っ赤な口紅やマニュキアは不可
この辺りは、もうご存知ですね。

以前、女優さんの葬儀の装いの常識のなさに驚きました。
女優さんである前にひとりの人間として、ファッショナブルなブラックドレスは見苦しいです。
注目される人物ほど、正当なブラックフォーマルで出席していただいて
模倣となってもらいたいものです。

全てはお悔やみの気持ちから、
ひとりの人間として節度あるマナーは不可欠です。