ファーの巻き方のご質問がありました。
動物愛護の問題でリアルファーは需要がありません。
今はフェイクファーが主流です。

ファーの今事情

ファーというのが普通になりましたが、
いわゆる毛皮ですね。
毛皮のコート
毛皮のマフラーと呼んでいました。
今は、毛皮用の養殖動物の問題で毛皮不要論が世間の風潮です。
ファーのマフラー売り場も、心なしか縮小気味と感じます。

その問題から
フェイクファー
エコファー が主流となっています。

毛皮のコートはもちろん、
マフラーさえも余り見掛けなくなりました。
高級な毛皮を着ることは、富裕層の象徴のような時代もありました。
今は、反社会的な目で見られてしまうかもしれません。

ファーマフラーのアレンジ

ファーのマフラーには、
留め具や穴に片方を差し入れて巻くファーマフラーでないタイプのものがあります。

それは、留め具も穴もないファーマフラーです。
自由自在にアレンジできると思いがちですが、
実はとても厄介なんです。

毛で滑ってしまって巻いても結んでも外れてしまいます。
仕舞いには、首から落ちてしまう有様です。

これでは、使えないですね。
使うのをためらいます。
そこで、次のようなご提案をしました。

まずは、外れないように安定させる方法です。
首にひと巻きして、両端をヘアゴムで留めました。
同じ色なら目立ちませんが、違う色味でもOKかな。
これなら、滑り落ちずに安定します。

ファーマフラー

上と同じアレンジからの展開で
結び目をどちらかに寄せると雰囲気が変わります。

ファーマフラー

そして、あまりお薦めはできませんが、
毛足の長いフリンジ部分を
両端から1本ずつ取って結んでみました。
時間が経つと外れてしまう可能性が高いです。

ファーマフラー

このように、以前買った留め具も差し入れる穴もないファーのマフラーに
お困りのかたが多いです。
巻いても結んでも滑って落ちてしまうからですね。

知らぬ間に落として失くしてしまったり、
靴で踏んづけてしまったりでは、
不安定で安心して使えません。

ゴムで留めることをご提案しましたが、
ブローチのようなものは、
本体が重かったりするとファーの素材に耐えられなくて
下を向いてしまったりするので
軽量のもの、華奢なものをお薦めします。

ファー付きのストール

このタイプのストールのお悩みも多いです。
首元にファーをフィットして肩から羽織ることしかできない?

ファー付きのマントのように羽織れるデザインになっています。

ファーのない縁をファーの方へたぐして
普通のストールのように首から掛けてアレンジできます。
手持ちがないので画像でお伝えできませんが、
普通のストールのように使うのです。

留め具や穴のないファーについては、
わたしも滑り落ちた経験があり具体的にお伝えしました。
ファー付きのストールは、
生徒さんからの直接の質問でお答えしました。
機会がありましたら、ここに追記します。

 

(追記)子どものころの「きつねのマフラー」

わたしが子どものころ、「きつねのマフラー」と称して巻いていたのを覚えています。
目のあるきつねの顔に下に挟むクリップがついていました。
そのクリップで口をパクパクしてパペットのように遊んでいたこと、
おなかの辺りに後ろ脚もありました。

白くて目が赤いきつねのマフラーも本物と信じていたこと
顔に当たる感触が気持ちよくてね。
懐かしい子供のころの思い出です。

ミンクやらの高級毛皮のコートを知って、
あの頃のマフラーは偽物だった。。。
当たり前よね。。。と笑った20歳を過ぎたころ

最近は、ウサギと水鳥のファーは持ってはいるけれど使っていないな。
保温性もあり確実に温かいのは知っています。
あの頃と出掛けるシーンが変わってきたけれど使える時がくるだろうか。