長方形のストールやマフラーの巻き方のポイント

ただ巻いているのか、
意識して巻いているのか
そのポイントをお伝えします。

いつもどんな風に巻いていますか?

こんな感じです。
首に1回巻いて垂らしている、よく見掛けますね。
皆こんな風に巻いているから
これしか分からない

世の中の見様見真似な巻き方です。
残念なことに、ただ巻きつけている

ひと巻き

巻きこなすポイントは?

巻く前のひと手間と巻いた後のひと手間です。

巻く前のひと手間

ストールをきちんと折りたたむのか?たたまないのか?
両端のフリンジをどうするか?

ストールの先端の途中を持つと、フリンジや先端にドレープが作れるので
動きのある巻き方になります。

巻いた後も、巻きっ放しにせず
必ずひと手間加える
ストールのボリュームを抑えるのか
ボリュームを出して立体的にするのか

巻きこなす

ひと手間を惜しまずに習慣にしてもらえたら

特に巻きっ放しにするのではなく、
巻いた後も意識していただくと違います。

後ろの巻き具合を確認したり、
右や左に寄せてみたり
立体的にストールを膨らませたり
両先端の長さを調整したりと

必ず、習慣にしてみると
「ただ巻いている」から「巻きこなしている」になるはずです。

そのひと手間が、ブラッシュアップしたストール上手への道です。

巻かれているのではなく、
自分で巻いている、巻きこなしているを目指すと
お手持ちのストールも間違いなくグレードが上がります。