ただ巻いている
巻きこなしているの違いの大きなポイントをお伝えします。

いつもどんな風に巻いていますか?

レッスンの前に、必ず質問する言葉です。

すると、
「こんな感じです」と見せてもらいます。
首に1回ひと巻きして前で垂らしている
どの人もこんな風に巻いているから見様見真似で
これしかわからないです。

ただ首に巻きつけている感じがとても多いです。

少し前は、きちんとストールを折りたたんでから
ひと巻きして前で垂らしているパターンが多かったんです。

ところが、
ここ最近では、ストールをたたまずにひと巻きするパターンが殆どです。

ご高齢のご婦人は、今でも割と折りたたんで巻いていますね。

ひと巻き

巻きこなすのポイントは?

巻く前のひと手間と巻いた後のひと手間が大きな違いを生みます。

巻く前のひと手間

ストールをきちんと折りたたむのか?たたまないのか?
両端のフリンジをどうするか?
ここが最大のポイントです。

ストールの先端を揃えて巻くと、先端もフリンジも揃ったままです。
ところが、
ストールの端の途中を持って施すと、
フリンジが縦に広がり、フラットな先端はドレープができます。
持つところを変えるだけで、先端が動きのある表情になります。

これが、巻く前のひと手間の大きなポイントです。

そして、
巻いた後は、巻きっ放しにせず、
ストールのボリュームを抑える
ボリュームを出して立体的にする
ここでも、ひと手間加えてカタチやバランスを整えます。

意外と、巻いたら終わりというパターンが多いのが現状です。
巻いた後のひと手間も、大きなポイントです。

巻きこなす

ひと手間を惜しまずに習慣にしてもらえたら

巻く前のひと手間
巻いた後のひと手間
これを習慣化してもらえたら、巻きこなしている理想的なカタチに近づきます。

後ろの巻き具合を確認したり、
右や左に寄せてみたり
立体的にストールを膨らませたり
両先端の長さを調整したりと
手を動かしてみてください。

ひと手間を習慣にしてみると
「ただ巻いている」から「巻きこなしている」へ一気に変わりますから。

ひと手間を惜しまないことです。

巻かれているのではなく、
自分で巻いている、巻きこなしているを目指す価値ありますよ。

お手持ちのストールのグレードが間違いなく上がるのも事実です。

巻き映えや
巻きこなしをマスターすれば、全体のスタイリングのグレードも上がるのです。

今までは、ステキに巻きこなしているかたを羨ましく眺めていたかもしれません。
これからは、ストール上手なあなたに羨望の眼差しがいただけるかもしれませんよ。

そのくらいの気持ちで、目指してください。