何事も暮らしの中の一部と考えています。
衣食住はもちろん、最近は心をプラスする考えもあるようです。
そんな想いから「用の美」という世界観に出会いました。

普段遣いからの機能美

大正時代の民芸運動では、伝統工芸品が暮らしに浸透した中に美しさがあると唱えました。
「用の美」の言葉のルーツです。

高級美術品でなく、民衆の手仕事から生まれた日用品には製品の美しさではなく、
使い手にとっての機能美が宿る

わたしは、日常の暮らしの中でのスカーフ遣いをご提案しています。

普段の暮らしの中で首元にくしゅくしゅと巻いて家事をすれば
冬場の防寒対策になります。

よそゆきだけのアイテムではないことを知っていただきたいです。

眠っているスカーフでも
少しくたびれたスカーフでも
使わないままより使うことで優れた機能性を実感できます。

 

スカーフと暮らしを結びつける原風景

スカーフと普段の暮らしを結びつけたご提案をするのは、わたしの中の原風景が影響しています。

それは、割烹着姿の祖母が首元にくしゅくしゅっとスカーフを巻いて台所仕事している面影があるからです。

その光景が、普段遣いや日々の暮らしに結びついています。

「用の美」の言葉の奥には、
手にした人の心をどれだけ満たすかを求められたという説があります。

肌に優しいシルクは、首元を優しく包み心地よさを感じさせてくれます。
首元を温めくれたり、蒸れることなく快適な巻き心地です。

子どもの頃は、木造家屋で暖房器具もストーブくらい
暖を取る知恵が首元に巻くスカーフだったのでしょう。

巻く人だけが実感できる感触です。

木族家屋

シルクの機能美

シルクのスカーフが暮らしの浸透すれば、

眠っていたスカーフが活かされます。
クールビズ、ウォームビズのエコロジーとエコノミーに結びつきます。

シルクは、天然繊維で人間のたんぱく質と同じ構成なので素肌に優しく相性もいいのです。
巻き心地がいいので快適です。

吸湿性、保温性、放湿性に優れています。
蒸れることなく温かさを逃がさない特徴が普段遣いには最適です。

シルクの素材感
光沢と彩りで何でもない日常着の着こなしが楽しくなります。

毎日同じことの繰り返しの日常で
シルクスカーフを使うことで機能する美しさを感じられたらいいですね。

シルク

眠らせておいたら、ただの布で終わりです。
暮らしの中で使えば、活きた布に変えられるのです。