ひと昔のレーヨンは余りいい素材感ではなかったです。
最近は、随分と改良され高価なストールの素材にも使われるようになりました。

レーヨン

フランス語の「光」が語源。
木材パルプに含まれている繊維質(セルロース)を一度薬品で溶かし、
細長い繊維に再生することから、再生繊維と呼ばれています。

特徴として

    • 美しい光沢感
    • 染色性にすぐれ、色鮮やかに染まる
    • 繊維が柔らかく、ドレープが作りやすい
    • 吸湿性が高く、さらっとした肌ざわり
    • シワになりやすい
    • 水分を含むと収縮しやすく、強度も低下する
    • 水滴や雨によって、水ジミができることも
    • 着用やクリーニングの繰り返しによって、コシがなくなったり光沢が減少する
    • 擦れやすく、毛羽立ちやすい

レーヨンは、綿やウール、他の化学繊維に比べ、クセの強いです。
取り扱いについても細心の注意が必要で、雨の日の着用は避けたほうがいいです。
水分を含むと特徴にもあるように、材質が変わりゴワゴワしてきます。
このため、安価な商品にも関わらずクリーニング表示なのです。

ヴィスコース

ヴィスコースもレーヨン素材の一種で、最古の自然素材の合成繊維です。

光沢や質感に優れているので、シルクの代わりに使われています。
なめらかでさらりとした感触です。
発色もよく色落ちもしません。
吸湿性、伸縮性、強度もあります。
従来のレーヨン同様、
水に弱く、濡れると強度が落ちます。

水洗いの洗濯は、摩擦に弱いのでこすらずに
水分を素早く取り除いて乾かします。

レーヨンから進化した素材

従来のレーヨン素材の弱点を克服したモダール
レーヨンの一種ですから特徴もレーヨンと酷似しています。
モダールは合成繊維ですが、
シルクのようななめらかさと光沢があり、吸湿性と放湿性に優れているという特徴があります。

原料は木材パルプの繊維で環境にも優しく、燃やしても有害物質がほとんど出ませんので、エコなのです。

従来のレーヨンとの違いは、
レーヨンの原料が幅広く木材パルプですが、モダールはブナの木が原料です。
水に弱い、水にぬれると強度が落ちてしまうという欠点を克服した素材がモダールです。
水洗いで洗濯可能にしたのです。

モダールは綿やリネンとの混紡も可能です。
軽くて暖かいのでストールには最適な素材といえます。
シルクが合わない人でも、原料が木材パルプなので安心して使えます。

 

モダール

ヴィスコースもモダールも、ストールの素材で多く使われています。
タグに表示されていますので、ご覧になってください。
高価なものは、クリーニング表示をしているかもしれません。
材質感が余り良くなかったレーヨンが、少しずつ改良されて
いつの間にか身近のところに使われています。
ストール以外にも、服地や下着、寝具にも使われています。