今ある服に白を加えるだけで、随分と変わります。
勇気を持って白を取り入れることにチャレンジしてもらいたいです。

白とオフホワイト

白は、真っ白 純白のことです。

snow

オフホワイトは、
白に近いけれど白ではない色
黄色や灰色を帯びた白 純白でない白 と定義されています。

ユニクロのTシャツ(レディース)は、
春夏は純白ですが、秋冬はオフホワイトです。
気がついていらっしゃいましたか?

ユニクロTシャツ

春夏の強い日差しには、真っ白は映えます。
反対に、秋冬の柔らかい光にはオフホワイトが馴染みます。

素材にもよりますが、
シャープな印象になるのは白
マイルドな印象はオフホワイトです。

白を合わせるか
オフホワイトを合わせるかで全体の印象も意外と変わるのです。
そういうことを知っておくと服との合わせ方の意識が変わります。

カラー診断で、
ブルーベースは白、イエローベースはオフホワイトといわれますが、
全体のイメージや雰囲気を壊してまで診断通りに従う必要はありません。
まずは、全体のイメージ、そして服の素材やデザインなどを考慮することもどうか忘れずに。

 

シニアさまにも白の効果を取り入れて

オフホワイトは、
素材感や時代遅れなデザインでは薄汚れたものと勘違いされるリスクもありそうです。

特に綿素材のシャツは、真っ白を断然お薦めします。
顔色がくすみがちだから、白は躊躇するとはよく聞く言葉。
そこは、メイクをして髪を整えるだけで白を受け入れられます。

オフホワイトをお召しなら、余計にメイクと髪を整えることは必須と言いたい。
疲れた感じやすたれた感じに見えないためにも必要なことです。

ひとつのご提案ですが、オフホワイトより白を選ぶことをお薦めします。
白は光と考えています。
襟元や襟ぐり、袖ぐりに白をチラリと見せたり
小物で白を取り入れると
たちまち、光が差したように全体が明るくなります。
着ている服を引き立てたり、
何よりご本人が明るくアクティブな印象になります。

白は軽やかさともお伝えします。
白を加えることで、ヌケ感も生まれ
全体の重量に軽さを与えバランスよくしてくれます。
暗い重たい色合いに白を少しでも加えてみると、
一気に軽やかな印象に変わるのです。
これもアクティブな印象になる要素です。

白は意外と派手です。
無彩色ですが、他の黒やグレーとは扱いが違います。
白の面積が大きくなればなるほど
明るさを通り越して派手な印象になります。
時々お見掛けする上から下まで白のワンカラースタイリングは、
目立ち過ぎる感があります。
生まれ持った華やかさと自信がないと着こなせないかな。
正直言うと、加齢とハレーションを起こしてしまいそう。
真っ赤なとか真っピンクとかの派手さではない派手さなんです。

白のさじ加減次第
白の小物やワンアイテムに絞った白い服は
とても効果的です。

くすんだ渋い色の服を選びがちでも、
今ある服の丸い襟ぐりに白いTシャツ
Vゾーンを白いインナーにするだけで
お顔周りが明るくなり元気に見えます。

白インナー

くすんだ色の脱皮から、
明るいきれいな色選びもお薦めですが、
ますは白を取り入れることに慣れてから明るい色に挑戦するのもありですね。
新しいことのチャレンジは段階を踏んで
慣れていくことでストレスなく気持ちも一緒に変わっていきます。

 

難点は、白は傷みも黄ばみも目立ちます。
オフホワイトでも劣化したものはわかります。
襟元や襟ぐり、袖周りなどの傷みに気を遣い
着装率の高いものは、迷わず買い替えるのが一番かもしれません。

清潔感もダイレクトに伝わります。

真っ白なシャツは、見た目も着心地も気持ちがいいものです。