継続して受講していただいている生徒さんから
大変ハイレベルなご質問をいただきました。
本気で向き合っていただけるから、
こちらもトコトン本気でお伝えしています。

スカーフを巻いている服にストールはどう合わせればいいのですか?

この質問は、
スカーフとストールが違う扱いであることを理解した上でのことです。

既にお伝えしている通り、
スカーフは服の一部として認識
ストールやマフラーは外套着扱いです。

これについては、こちらで詳しくお伝えしています。

≫≫≫スカーフとストール両方を巻くのはおかしいと勘違いされていませんか?

実例でお答えします

スカーフとストールの重ね巻き

紺とグレー(シルバー)の2色スタイリングです。

トップスにはグレーのカシミアニット
ダウンジャケットはシルバー
首元のシルクスカーフは紺色があるものをチョイスして
紺色のボトムスと繋げています。
ボトムスに合わせて、紺色のハイソックスに
黒のペタンコシューズ。

ダウンジャケットを脱いでも脱がなくても
紺とグレーでまとめています。

ここでバッチリ決めたので完結にしたいところ
寒いからストールも巻きたい
では、何を巻けばいいのか?

紺とグレーでまとめているから、どちらかの色を持ってくればいいんじゃない?
確かに、それもありです。

が、まとまり過ぎもつまらない。。。
バッグが、まだ決まっていないじゃない?

重ね巻き

黒のバッグにしたら、靴と同じ色なので王道路線です。

紺やグレーのバッグもありですが、
先の通り まとまり過ぎもつまらない。。。

なので、ベージュのバッグを合わせました。

紺とグレーの2色にベージュを加えても、違和感はありませんが、
このベージュのバッグに合わせて
ベージュのストールを選びました。
(画像では、色がよくわかりませんが薄いベージュとグレーのリバーシブルで
ベージュを多めに見せています)

バッグとストールの2か所のベージュ効果で目線を散らすことで、
ベージュの存在を紺グレーのスタイリングになじませるのです。

バッグのベージュだけでは、ベージュの存在感が出てしまうから。

あくまでも、紺グレーベースでまとまるようにするためです。

 

(追記)
赤のバッグなら、かなり存在感が出てしまいます。
そういった時に、どこかにもうひとつ同じ色味を加えてあげると目線が散らせる効果があります。
メインを赤のバッグにしたいなら、その必要はないです。
余りに唐突な色やデザインは、若い世代にはいいですが
わたしたちには下品になり兼ねないです。
そこは、抑えておきたいポイントです。

 

こういった考え方は、万人向けではないかもしれません。
培ってきた感覚でしかないのですが
本気で時間を重ねてきた分、彼女なら納得してもらえると信じています。

ご提案に相通じるものがあると
とてつもなく嬉しくて
もっともっとご提案したいなと欲が出てしまいます。

探りながら、何を求めているのか
何をどうしたいのか
ご要望やご質問に本気で応えています。

ご自身でスタイリングができるために。
そうすれば、服を着ることに悩まず、もっと楽しめるから。