世の中には、勝手に勘違いをしていることがあります。
そのひとつに、スカーフとストール両方を巻くのはおかしいと勘違いされていることです。

違うカテゴリーのスカーフとストール

スカーフを巻いたらストールもマフラーも巻かなくていい
巻かない方がいい
巻いてはいけない
ストールを巻くからスカーフは要らない
同じ用途目的だから、2枚巻くことはない
巻いたらおかしい
殆どのかたは、
スカーフとストールが違うカテゴリーであることを知らないから仕方のことです。

実は
スカーフは、「着装」つまり、服の一部と考えられています。

ストール、マフラーは、「外套着」扱いです。

スカーフを首元に巻いて、ジャケットの上からストールを巻いても全くおかしいことではありません。

スカーフストールのW巻き

寒くなりましたら
スカーフで首元を包み、更にジャケットを羽織った上からストールを巻くことで防寒対策は完璧になります。
こんな風に装っていいのです。
何の問題もありません。

スタイリングのポイントとして、
着る服に合わせてスカーフを選び、
コートやジャケット靴やバッグに合わせてストールを選ぶといいかな。

屋内に入りましたら、ストールを外してコートやジャケットを脱ぎます。
首元のスカーフはそのまま
防寒目的でもあり、お顔周りを彩るアクセサリー感覚の効果があります。

スカーフ頻度が増えたら嬉しい

いかがですか?
「知らなかった~」と声が聞こえてきそうです。

一緒に巻いてもいいと知って、
スカーフの使用頻度が増えたら、それはそれは嬉しいです。

スカーフストールのW巻き、発信していきたいです。

コートの上には、コートの合うストールでキメて
コートを脱いだら、スカーフ効果を活かして違う雰囲気のスタイリングが楽しめそう。
二度おいしいみたいにね。

巻き物は、着脱が自由自在、臨機応変、コンパクト収納
この利便性は知っているもの勝ちです。

どうぞ活用してくださいね。

 

クリスマス柄スカーフ

首元には、カーディガンに合わせてこの色のスカーフを選び、
差し色として目線を上にあげるために、温かみのあるカラーのストールを組み合わせました。
時期がクリスマスの頃だったので季節感をも合わせたスタイリングです。

ご参考にしていただいて、眠っているスカーフを使ってみませんか?

 

こういった知らなかったことや勘違いは他にもあります。
知らないってことは、恥をかくことさえあります。
年齢の取り方もその人次第です。
マナーについてもお伝えしています。

こちらの記事をご覧ください。

≫≫≫スカーフストールのマナーについて