TV番組で変身をテーマにしたものが流れます。
確かに変身の目的は果たしましたが、そもそも「だから何なの?」

変身願望

女性は変身願望が強いようです。
「もっときれいになれるはず」
「プロの手を借りてステキになりたい」

『きれいにしてもらえる』と割と人の手を借りて受け身な感じが多いです。
心から望むなら、自ら動かなければ始まりません。

確かに地味な飾り気のない主婦が
(これも演出なのかも)
ヘアスタイルやメイク、ステキな服に身を包みきらびやかに登場します。
ギャラリーは拍手喝采。
番組はこれで目的達成。

ところが、後日の当人さまは、
元に戻ってた~
ということで、一瞬の変身でしかなかったのです。

番組の企画とはいえ、人任せの変身は長続きしません。

ヘアスタイルの仕方もメイクの方法も
服のコーディネートも教えてもらったわけではないからです。
当人の心もない、ただの着せ替え人形状態でした。

バービー人形

自分で変えていくしかない

一時の変身でなく心から変わりたいと望むなら、自分で積み重ねていくしかないです。

ネット検索でもスタイル本でも情報は溢れています。
情報を得ることはできても、
溢れてた情報の中から、自分にふさわしいものを見つけ
実践しながら、理想の自分のスタイルを確立させていきます。

そこに辿り着くまでには、失敗も無駄も多々あるでしょう。
失敗から得るもの
無駄から気づくもの
月並みな言い方ですが、
その失敗も無駄もどう感じるかは
自分次第です。
諦めずに、時間とお金とエネルギーを注ぐ余地があるか?

悲しいことに、一瞬の変身は一瞬で終わるのです。

変わることより持ち味を最大限に活かすことを考えませんか?

だんだん年齢を重ねてくると、
大きな変化に抵抗を感じるかもしれません。

今更もあるし
諦めもあるし
開き直りもあるし

ネガティブな感情をごまかすのではなく、
ポジティブに今のままを受け入れ
自分の持ち味を発揮するため
気になるところにひと手間と知恵で補えばいいのでしょう。

例えば、
顔のシミにコンシーラーを塗って目立たなくするだけで前を向いて歩ける
背が低いけれどヒールは履けないから、目線を上げるためにストールをふわりと巻いてみる
シンプルなニットにパールのネックレスをしてささやかにエレガントを加えてみる

真珠

自分という素材をひと手間と知恵で補えば,
気持ちも大きく変わります。

わたしはわたしでしかないです。
今のままのわたしに
たくさん幸せになっていただきましょう。

ぬのこころは、
装いで心が
心で装いが幸せと感じてもらえることを応援します。
今のままも
変わることも幸せが続くなら背中を押します。

ステキなシニアさま