白を投入すると全体的に明るくなる効果があります。

白は、
お顔周りなら、レフ板の反射光の仕事をしてくれます。
他に、明るさ 軽やかさ ヌケ感効果があり、年齢を感じたら積極的に取り入れたい色です。
わたしのスタイルは、白は数えません。
それは、無彩色のひとつだからと
どんな色とも調和する特徴があるのでZERO=無色とわたしは考えるからです。

では、白を入れたスタイリングをいくつかご提案します。

白の上下で I ラインスタイリング

アイラインスタイリング

白のニットとパンツで、上下を繋げて
キャメルのジャケット風カーディガンを羽織りました。

王道のI ラインのスタイリングです。

スッキリした縦長ラインがIラインのポイントで
これによって背を高く見せます。

首元にはベージュと白のシフォンスカーフをあしらって、
白とベージュのスタイリングでまとめました。

インナーに白のロングシャツ

白シャツスタイリング

白のロングシャツにGジャン、そして紺色のパンツで
メンズライクなスタイリングです。

ブーツの色を黒と迷いましたが、
足元をバックスキンでグレーのエンジニアブーツを選びました。

カジュアルからおしゃれ度を上げて少しエレガントさが欲しくて、
紺色のシルクスカーフで首元をあしらってます。

襟と袖、裾の部分に白を施したら、すっきりした印象になりました。

重苦しさを感じたくなければ、
やはり白の効果はテキメンです。

グッと軽量クラスになりますね。

軽やかに見せるってこと、歳とともに意識してもいいのかなと感じます。

白のダウンベストのスタイリング

ホワイトダウンベスト

上下をネイビーでまとめているところに、
明るさと軽やかさ狙いの白のダウンベストを重ねました。

ダウンベストって、季節の変わり目に役立つ優れものアイテムです。

バッグとスカーフ、靴は明るめのブルーにして、
濃いブルー(紺)と明るいブルー、白でグラデーション風な色合わせです。

スカーフの光沢と柄は、アクセントになり目線を上げてくれます。

また、首元と手元、足元に明るめのブルーを持ってきてヌケ感も作っているのです。

白の効果は光、明るさ、軽やかさ、ヌケ感 清潔感

白を投入した効果をお伝えしました。

白い服を装うことだけでなく、白い小物の投入も同じ効果があります。

濃い色を好むスタイリングや秋冬のダークなスタイリングにでも
白なら馴染んでしまいます。
どんな色とも相性は抜群なんです。

加齢とともに、
くすんだ肌色に抵抗を感じて白を遠ざける傾向もありますが、
オフホワイトの白ならいかがでしょうか?

白を加えた好印象のスタイリングをぜひお薦めします。