秋の気配と共に、
だんだんと外の景色がダークになってきます。
圧倒的に暗い色のアウターが多くなります。

ダークな色に光りを巻く

明度の低い色の服では、
暗いだけでなく全体的に重たい雰囲気になります。

日照時間の短さ
陽の光の弱さ
紅葉の落ち着いた鮮やかさの景観が
暗い色を選ぶ要因なのでしょうか?

渋い色が秋色と納得できるのも
日本人に沁みついた季節の色の認識からと考えます。

色の明度の高低は
重量を感じることができます。

明度が高ければ、軽やかな感じ
明度が低ければ、重たい感じ

全体に重たい感じなら何とか軽量化を試みます。

首元に光沢のあるシルクスカーフで
光を持ってくると重心が上に上がります。

光の効果で重量を操作できるのです。

輝き

 

色を巻く

暗い色合いに固めがちな季節です。
年齢と共にくすみが気になるところ

全体にくすみを感じるなら
何とか新鮮味を加えたいものです。

首元に色みを加えてあげると
ダークトーンに明るさが戻ります。

例えば、
黒いコートに鮮やかな赤を合わせると
かなりコントラストの強い組み合わせになります。

同じように黒いコートに落ち着いた赤を合わせると
色調が似ているので馴染ませた組み合わせになります。

同じ「赤」という色でも、
見た目の印象が変わることを想像できますね。

 

赤と黒

彩光を巻く

色と光の効果を持ち合わせて
彩のあるシルクスカーフを巻くと
W効果で巻き映えのするスタイリングになります。

ノーカラーなら、
基本のバイヤス折りをして
くるくると巻いて結ぶとなかなかのいい味わいです。

こういうスタイルがハマるのは、
重ねてきた年齢の素性がモノをいうのです。

目利きとさり気ない箔が
シニアには似合うのです。

マダム

 

首元一枚の効果

一枚の色や光の効果は、服との関係性で印象が変わります。

コントラストを強くし過ぎると、その人が負けてしまうことがあります。
派手さばかり目立って、下品なイメージに映ってしまう
自分にとってマイナスなことは避けるべきです。

首元の小さい面積ですが、
その一枚がイメージを左右することになるので慎重に合わせたいものです。

これからの季節は出番も特に多くなります。
自分がどんな風な印象を持ってもらいたいかを意識して
首元の一枚で操作するのもひとつのテクニックです。

華やかさ
艶やかさ
柔らかさ
どれも程よくが一番かもしれません。