コンフォートシューズは歩きやすく疲れ知らずです。

年齢を重ねてくると、諦めなければならないことがあります。
そのひとつに、ヒールの靴。
何十年も支えてくれた足に支障が出てくるので、
ヒールの高い靴は負担になります。
では、どんな靴を履けばいいのでしょう?

履き心地を最優先したコンフォーシューズで解決

「コンフォートシューズ」って聞いたことがありますか?
コンフォートシューズは、
足の健康を考慮して作られた履き心地のいい靴。
外反母趾などの足のトラブルが急増していることが背景にあります。

自分の足の長さや幅と
靴のサイズが合わなければ、何かしらトラブルが出てきます。
高いヒールで背を高く見せたい
痛いけれど華奢なパンプスがいい
足を酷使してきた代償ですね。

見栄えのいい靴より、
履き心地を最優先にして、これからは足を労わった靴を選ぶのはいかがでしょうか?

足のカタチやサイズは、年齢や体重によって変わります。
我慢したり歩きにくさを無視せず、靴を見直す必要があります。

コンフォートシューズ

 

コンフォートシューズの今

少し前は、甲の幅で2E,3E.4Eのサイズ表示が目安でした。
今は、売り場にコンフォートシューズのコーナーが設けられています。
それだけ需要があるからでしょう。

以前のデザインは、おしゃれからかなり遠いものでしたが、
最近は、洗練されたデザインのものが随分と増えました。

幅広だけでなく
履きやすい
履き心地
歩きやすい
疲れにくい

サイズ感
ソールのフィット感
靴底の厚み
適切な反り具合
軽量
が、チェックポイントです。
目から耳からの情報と合わせて、
やはり靴は実際に履いて選ぶのが一番です。

レースアップやス二ーカータイプに
脱ぎ履きのためのファスナーのあるタイプがあります。
機能的とは思いますが、
ファスナーが年齢を感じさせてしまうのが残念です。

コンフォートシューズ

シニアさまに特化したコンフォートシューズ選びのコツ

シニアさま向けのコンフォートシューズの選び方をご紹介します。

脱ぎ履きが楽な両側面のファスナー付きタイプや
甲の部分を固定できるベルト付きのタイプなど、ぴったりフィットする靴を選びます。

長年のヒール靴からの外反母趾を考えて親指の付け根がストレッチするものもあるようです。

つま先からかかとまでの長さが基準となりますが、
足のむくみが多くなり幅も重要になってきます。
対策として、長さと幅がぴったりのものは選ばないことが大事だそうです。
ぴったりサイズは転倒の恐れも多いんだそうです。

転びにくい靴は、
つま先が反っていて地面から上がっているもの
丸みのある先端で前に突き出ていないもの
靴底は適度に滑りにくいもの(余りに滑りにくいと地面に引っかかることもあります)
足の付け根部分がよくしなると地面を蹴りやすく歩きやすいです。

軽くて柔らかい靴が履きやすいとも限りません。
しっかり足を保護してくれることも大切です。

やはり、実際に履いて歩いてみることが一番のコツですね。

私のコンフォートシューズ歴

若い頃の捻挫を完治させずに動かしてしまったので、
致命傷になりくるぶしが左右変わってしまいました。
ミドルカットは当たりが強く履けません。
捻挫を再発しないよう安定した靴を選びます。

外反母趾にもならないように幅広の靴を探します。

その頃は、幅広の靴はオバサン臭いデザインばかりで
服のイメージと合わずで悩みました。
結局、スニーカーが多くなりましたね。

靴売り場に通い、試し履きをしては
履き心地
歩き心地を確かめていたものです。

世間の需要と共に売り場に並ぶコンフォートシューズ。
お陰で選ぶ苦労が少なくなり、
お気に入りのメーカーの売り場に一直線です。

幅広の靴からコンフォートまで、彼是30年以上になります。
この知識と経験が役に立ちそうです。

コンフォートなシューズで広がる選択肢

最近では、コンフォートシューズのカテゴリーでない靴にも
コンフォートなものがあります。

コンフォートシューズ

履き心地のいい靴=コンフォートな靴です。

コンフォートシューズの顧客は、
どうしても年齢層が高めのかたが多いです。

履き心地のいい靴になると、顧客層が広がります。
その中には、コンフォートの顧客にだって通用する靴が見つかります。

選択肢が広がれば、新しいタイプの靴が見つかったり選ぶ楽しみも増えたりしますよね。

私が長い間、
履き心地のいい靴を探求してきた嬉しい手応えです。
これからも、貪欲に見つけます。
実は、気になる靴もリサーチ済み。
靴のことは、スカーフ同様
結構語れます。

「おしゃれは足元から」
コンフォートでも通用します。