税理士会からご依頼をいただきました。
女性税理士様に向けて、プレゼントするストールの巻き方をレクチャーして欲しいとのことでした。

今まではどんな風にストールを巻いていましたか?

いつも同じワンパターンです。
古いものしかないので使えないと思ってました。
普段、余り使いません。
巻き方が、全く分かりません。
買っても、ずっと引き出しの中です。

と、ネガティブなご意見ばかりで寂しい限りです。

主催者側がご用意されたプレゼントのストールを選んでいただきましたので、
しっかり、ひとつでも覚えて帰っていただきたいです。

前向きなご感想をいただけて安心しました。

古いものでも、結び方で新しいものになることを知りました。スカーフに古い新しいは無いんですね。

スカーフ好きの母に薦めたいです。

使い方で、こんなにも変わるものと思いました。

色々なアイデアやコツ、ポイントを分かりやすく教えていただきました。

ちょっとした工夫で、上手に素敵に使えることを知りました。

ファッションアイテムだけでなく、日常でも使っていただきたい活用法もお伝えしました。

ご質問から、
ビーズ装飾の黒のストールは、
キラキラビーズを全て見せようとしないでランダムに見えるよう輝きと影のあるアレンジをご提案。
フォーマルの限らず、よそ行きにも使えます。

眠っていた鮮やかなピンクのエルメスのスカーフは、
素材の張りを生かして、ドレープのあるカジュアルアレンジをご提案。
エルメスだって、結び方次第で普段使いになります。
眠らせておくには勿体ない。

男性の税理士さまにもレクチャー

スーツの装いにも、ストールがとっても新鮮です。(女性陣から拍手喝采!)

「クールビズでノーネクタイでも、ちょっと首元にスカーフでもあるといいんだね」とご本人談。

クライアントさまによっては、
ネクタイ姿より親しみやすいイメージの税理士さまもいいですよね。

私のジャケットのポケットチーフが男性税理士さまには目新しかったようです。

ノーネクタイにポケットチーフだけでも、意外ときちんとした感じになります。
気恥ずかしさもキャリアの貫録で馴染ませて下さい。

チャラ男でなく、正統派なダンディを。

ポケットチーフ

 

メンズとレディス売り場

そう言えば、こんなお話も。。。

売り場は、メンズ、レディスと分かれておりますが、

シックな色合いや柄ものをメンズものからチョイスしてもいいんです。

反対にレディスもので男性にも合うもの、よくよく探せば少ないですがあります。

「これ、意外と男性でもいけそう」

「女性がしても素敵かも」

男女の枠を外した一枚の出会いにも、ときめきを感じてみて下さい。