カルチャースクールの講座でスカーフアレンジを学んだのがきっかけでした。
学び続けた末、日本スカーフ協会認定講師の資格を取得し、今に至ってます。

日本スカーフ協会は先駆者

カルチャースクールのスカーフアレンジは、
日本スカーフ協会の講師より同協会のカリキュラムを学んだのです。

2007年、試験に合格して認定講師の資格を取得

日本スカーフ協会」は、スカーフの基本的な折り方や結び方を日本で初めてこの世に伝えたシステムです。
間違いなく先駆者なんです。

ところが、スカーフブームは去り、改めて「スカーフをきちんと学びたい」という需要は減るばかり、
2012年11月、日本スカーフ協会はやむなく休止となりました。

然しながら、認定講師の資格は、そのまま継続許可をいただいております。

大きな理由は、親会社のスカーフメーカー大手「川辺(株)」が撤退してしまったからです。

今後は認定講師は生まれません。

リボン結び

日本スカーフ協会は今も休止

改めて、
「日本スカーフ協会認定講師」に誇りを感じ始めています。

「日本スカーフ協会」に基づく学んだ時間やカリキュラムがわたしの財産となり、今に至っているからです。
認定講師の資格は得たけれども、これをどんな風に活かしていったらいいのかは未知の世界でした。

”スカーフ大好き”という共通の想いで繋がった人たち
普通の主婦をしていたら出会えなかった人、時間、経験がわたしの人生を楽しませてくれています。

「日本スカーフ協会認定講師」と名乗れるのは、スカーフ関連の人間では僅かです。

今は、他団体の認定講師も多くなりました。
これも時代の流れで、スカーフブームが再来した傾向にあったからです。
実際には、それほどでもなかったですが。

他団体は、年会費を収集し協会ビジネスとして経営しています。
日本スカーフ協会は、受講料や認定料は発生しましたが、
協会運営の年会費はありませんでした。

時代と共に「協会」の運営方法も変わってきたのかもしれません。

原点で学べたから、今がある
わたし自身も同じです。

講師歴10年以上
原点に感謝し、認定講師としてこれからも活動を続けていくことに意義を感じています。

スカーフを美しく巻きたい
眠っているスカーフを何とかしたい
シーンに合わせたスカーフアレンジを知りたいなど

今は、ネットやHOWTO本でも情報は得られますが、
ぬのこころ谷川だからこそ、お伝えできること
お一人お一人、お手持ちの一枚にふさわしい巻き方を
直接お伝えできることに特化しています。

スカーフの魅力を
ファッションアイテムに限らず
暮らしに浸透していただけるような内容も伝えております。

ぬのこころ谷川は、
原点+経験と実績から得た知識や知恵でオリジナルなカリキュラムにしています。

心の中に「日本スカーフ協会認定講師の誇り」を掲げて
これからも活動していきます。

 

(注)今ある日本スカーフコーディネーター協会とは別協会です。
上記でもベーシック~プロ認定修了をいただいておりますが、現在わたしは退会しております。