協会認定の資格を得るには、協会のカリキュラムを受講して
試験に合格するといただけるシステムです。

認定講師の資格

わたしのプロフィールをご覧いただくと、
「日本スカーフ協会」と「日本スカーフコーディネーター協会」の認定講師と記載されてます。
「日本スカーフコーディネート協会」は退会のため、認定講師の資格はなくなりました。(2018.3)

「認定講師」になるには、
協会の講師養成カリキュラムを受講し、認定試験の合格後「認定講師」となるのが通常です。
ここには、受講料、認定料、協会年会費、(補講料)が発生します。

わたしが、スカーフを学んだ動機は資格を取るためではありませんでした。
本当に、たまたま周りの流れに乗っただけだったんです。
今の自分を全く想像もしてもいなかったのが本当の話です。

協会のカリキュラムは基本の内容です。
「基本のキ」を知っておくことは、何に対しても一番大切なこと。
土台はきっちりと習得しておく必要があります。

お陰で、スカーフを美しく装う術をいただけました。

協会の実情

実は、スカーフ関連だけでも5つの団体が認定講師を養成しています。
年会費をいただくことで経営している
所謂、協会ビジネスになっているところが殆どなのが実情です。

スカーフアレンジを伝授する「日本スカーフ協会」は現在休止しています。
間違いなく、スカーフの講師を養成する先駆者と言えます。
この協会は、年会費は一斉ありません。

「A」は、「日本スカーフ協会」をベースに同代表が新たに立ち上げてます。
資格の区分も今は細分化しています。
「B」は、「日本スカーフ協会」のカリキュラムを丸コピーして、ファッションスキルとタイアップした団体です。
「日本スカーフコーディネーター協会」は、ファッションスキルとタイアップした団体です。
仏人のチーフ講師を中心に、年会費や協会認定講座開講時のマージンを徴収します。
「C」は、ファッションスキルとタイアップした団体です。詳細不明

「コーディネーター」と「認定講師」の肩書のため、年会費をお支払いしている「日本スカーフコーディネーター協会」。
認定講師を増やして、生徒を募って認定コーディネーターと講師に導き、協会が潤うシステムです。
その為に、講師は協会の教本やリーフレットなどを購入して講師料や認定料は%でいただきます。

内容もマニュアル通り。
講座開講の手続きもマニュアル通り。
協会認定とはそういうことです。

協会に属さない理由

わたしは、今どこの協会にも所属していません。
わたしなりの理由があり、無所属にしました。

マニュアルや規定に添ったものでは限界があり
わたしが積み重ねてきたものが活かされないと判断したからです。

ファッション系なので、キラキラな雰囲気もわたしには居心地が悪かったのも事実です。

わたしは、毎日の暮らしに浸透することがコンセプトのひとつであり
ファッション特化では、わたしがお伝えしていきたいこととはかけ離れていました。

基本とわたしの経験と実績を合わせたオリジナルなスキルをお伝えすることが
自分が納得したことです。
自分が納得したことでなければ、わたしはお伝えすることはできません。

そう言えば、あるコンサルタントさんから
「あなたも協会を立ち上げてビジネスにしたら?」とアドバイスされたことがあります。
わたしの積み重ねてきたスキル全般を協会ビジネスに替えるなんて更々ないです。
正直、そういう器でもないので。

わたしのスキルは、養成講座で得た基本に加えて、自分の経験と実績から得たスキルであり、
オリジナルで成り立っています。
講師を養成するなんてことは、今のところ全く考えていません。

わたしでしかお伝えできなことに特化していく方針です。

価値を認めていただけるのなら、知的財産として法的な手続きも考えています。

なぜなら、「B」は最初の師匠のカリキュラムを丸パクリして、ちゃっかり団体を立ち上げているのですから。
違反ではないですが、人道的に残念です。

これは、料理のレシピでもよくあることと枝元なほみさんからお聞きしました。
彼女も悔しい想いを経験しているそうです。

手順であるスキルを盗まれても
わたしでなければできないことは真似できないと確信しています。
お一人お一人に寄り添ったスキル。
一枚一枚の特徴を生かした技術。
言葉や文字では表現できないことです。
わたしがお一人一枚に向き合う熱量と気持ちです。

プライベートレッスン

加えて、協会によって、基本も違うことも伝えています。
>>>こちらも参考にしてください。

 

ぬのこころ 谷川のオリジナルなスキルで
スカーフを美しく巻いてみた方は、どうぞこちらまで。

お申込み