着る服に悩まれているかた、いらっしゃいますね。
何を着ればいいの?
例えば、同じ服でもスカーフの素材次第で雰囲気を変えられるのです。

シルクシフォンなら

ブラウンのリネンジャケットの前ボタンを全て閉めてトップス風にして
デニムパンツと合わせました。

ジャケットと色合いを似せて
シルクシフォンのロングスカーフを首元に装いました。
首元から襟ぐりまでシフォンであしらえば、襟のように見えます。

シフォンの特徴として、
無造作に巻くだけでも柔らかいエレガントな印象になります。

シフォン素材のスカーフやストールは一枚あると大変重宝しますよ。
お薦めの一枚です。

シルクシフォン

シルクツイルスカーフなら

同じスタイリングで違うスカーフをあしらってみました。
スカーフを変えるだけで違う雰囲気になることを感じてください。

今度は、光沢のあるシルクスカーフをライナーな装いで合わせました。
ライナーとは、スカーフやストールを首から掛けるアレンジです。

全体の服装の感じから
きちんとバイヤス折りをして掛ける
無造作に首に掛ける
どちらかの方法でもライナーなアレンジです。

無地の服に色と光沢を加えるとお顔周りを明るく華やかにしてくれます。
ジャケットのボタンを全て外して、スカーフがからだの中心で縦ラインを作るので、
シャープなニュアンスにもなります。

ツイルシルク

素材の違うスカーフで印象がガラリと変わることが伝わっていますか?

シフォンとツイルシルクなら

スカーフの素材次第で
柔らかいニュアンスを作ったり
光沢のあるシルクで華やかさを加えたりすることができることをお伝えしています。

こういった素材の特徴を知っておくことは、
スカーフに限らず、ストールや服にも通用することです。

スカーフストールは、素材が要。
素材と巻き方には相性があります。
相性が悪ければ、ひと工夫やひと手間を加えること
さもなければ、思い切って違う巻き方をご提案しています。

素材と巻き方の奥深さが、実は魅力です。

HOWTO本は、あなたのお手持ちのものと同じ素材とは限りません。
巻き方の手順を伝えているだけです。

素材を制したものだけが言える言葉
「素材が要です」

色も素材によって、見えかたが変わりますね。

布物は、素材によって
見えかたも扱い方も変わることが根底にあります。
意外と忘れられていることかもしれません。