ボートネックにストールを合わせたとき、
一歩間違えると
横広がりなだらしのない見え方になってしまいます。

ボートネック

一般的にボートネックは女性のネックラインを美しく見せるといわれていますが、
襟ぐりの空き具合が横長なので、肩幅が大きく見えたりで
自身のサイズより少しワイドに見えたりすることもあります。

ここでボートネックについて、
緩やかな曲線で両肩に向けて横に広く開いた、浅い船底型をした襟ぐりのことです。
くり方によっては首元をすっきり見せ、鎖骨
をきれいに見せるといった効果があります。
鎖骨に沿ってカーブを描く襟の形が、船底の形のように見えることからその名前がつけられたそうです。

そこで、ストールを巻くならと
2つのパターンのあしらい方をご提案します。

同じ結び方でのニュアンスの違いと見え方の違いを、ぜひ比べてみてください。

ボートネック

横長のボートネックラインに対してストールを垂直にあしらってみると
お首回りやお顔周りがすっきりした感じになります。
ストールとお首元の空き具合をV や U をイメージして縦長に整えるのがコツです。
ネックラインの横長とストールの縦長で十文字になる感じでバランスを取ります。
ストールの色柄とボリュームで、縦長の方が強くなりますね。

 

ボートネック

敢えてボートネックのラインに添ったストールのアレンジです。
結び目を、右(左)寄せにするとクラシカルなイメージになります。
ちょっと、いつもの感じと変わり、
まるで、ネックラインに施したデザインのようです。

 

十文字に首元をスッキリ見せる方法
ネックラインに添ったあしらい

このふたつのアレンジは、ボートネックならではです。

 

暑い季節のストールの巻き方は、
首元から下げたり離したりすれば
ほどほど快適です。
首の後ろは、油断すると日焼けしてしまうので
ストールを密着させることで安心です。
後ろはぴったり、
前は少し離してあしらってみてください。

ただ巻いたり結んだりするのではなく、
着る服のネックラインや襟のカタチなどで、
あしらう角度や向きを変えると、
更にスタイリングに磨きがかかります。

そういった意識も大切です。

その小さな意識で、全体のスタイリングが大きく変わるのです。

 

年齢を重ねてからの心の余裕を持ち味に
ひと味違うスタイリングを目指すのもありですね。

クラシカルなニュアンスは、年齢を重ねてこそふさわしいもの。
若い時には感じ得られなかった持ち味を手に入れたのです。

ボートネックのラインでクラシカルなニュアンスはいかがでしょうか?