柄と柄の組み合わせは、
意識して組み合わせている上級者か
何も考えずただ着ているだけか、どちらかに分かれます。

ギンガムチェックとギンガムチェックの組み合わせ

無地と柄の組み合わせは、無地の色と柄の色の一色で合わせると間違いがないです。
色に注目ですね。

さて、柄と柄はどうすればいいのでしょう?

トップスとストールで考えてみました。

それは、
柄のパターン

このふたつの共通点を守る

下の画像の
ギンガクチェック
紺×白
ふたつの共通点で合わせています。

ギンガムチェックの
柄の大きさを意図的に変えてます。
紺×白で
ほぼ共布のような合わせ方と考えてもらえばいいのです。

ギンガムチェックで
服とストールの色を変えれば上級者です。
紺×白 赤×紺とか・・・

パターンでまとめた色違いですね。

他に、水玉×水玉
ストライプ×ストライプ
チェック×チェック
いろいろあります。

 

柄のボトムスと柄のストールは?

ギンガムチェックのパンツとストールで考えてみました。

ここでも同じ色同士でも色違いでも、パターンが同じなら問題ないです。
ただ、トップスは無地が無難です。

紺×白のギンガクチェックで
トップスを紺にすると、基本のキな組み合わせになります。
紺色のトップスに紺×白のストール合わせで、トータルで紺白の2色コーデになります。

因みにトップスとボトムスの上下で同じパターンなら、セットアップになります。
パターンの大きさを変えたセットアップもアリです。

意図的に柄を合わせる

ギンガムチェックと水玉
ストライプとチェックとか
同じ色合いならまとまりす。

違う柄
違う色では、共通点が全く見えないので
何も考えずに着ているか
個性的に着ている印象になります。

そこには、
着る人の意図があるか、ないかの違いです。

意図がある自由な着こなし
無頓着な自由な着こなし

意図的に着ることを目指すなら、
共通点で結びつけた合わせ方を選んでください。