柄と柄の組み合わせは、
意識して組み合わせている上級者か
何も考えずただ着ているだけか、どちらかに分かれます。

ギンガムチェックとギンガムチェックの組み合わせ

一般的に、無地と柄の組み合わせは、
無地の色と柄の色の一色とを合わせるとほぼ間違いがないです。
全く同じ色でなくても色の系統でも可能です。
例えば、青系だったら
青、水色、紺色の展開でOK。
原色の青に、白、黒、灰色を混色した色合いでも同系色と考えると幅が広がりますね。

 

では、柄と柄はどうすればいいのでしょう?

例として、トップスとストールで考えてみました。
下の画像の
ギンガクチェックのパターン
紺×白の2色
ふたつの共通点でシャツとストールを合わせています。

ギンガムチェックの大きさを意図的に変えて、
同じ色合いの紺×白で
共布のような合わせ方と考えてみてください。

同じパターンのギンガムチェックで
服とストールの色をそれぞれ変えればかなりの上級者です。
同じパターンの色違い合わせ、
例えば、紺×白のシャツ+赤×紺のストール

他に、水玉×水玉
ストライプ×ストライプ
チェック×チェック
などのパターンが考えられます。

まとめとして、
柄のパターンを合わせることが最低限のルールです。
色については、同じ色でも色違いでもOKです。

柄のパターン違いで同じ色合いでまとめるのは最上級な
ひとつ間違えると個性的なスタイリングになります。

柄のボトムスと柄のストールは?

次に、ボトムスとストールの場合を考えてみました。

例えば、ギンガムチェックのパンツとストールの組み合わせ
ここでも同じ色同士でも色違いでも、パターンが同じなら問題ないです。
但し、無地のトップスにすることできれいな印象の組み合わせになります。
紺×白のギンガクチェックのボトムス+紺色か白の無地のトップス
これが、基本のキな組み合わせと考えてください。

ギンガムチェック

紺×白のギンガムチェックのパンツ+紺色のトップス+紺×白のストール
これで、トータルで紺白2色のスタイリングになりました。

因みにトップスとボトムスの上下で同じパターンなら、セットアップになります。
パターンの大きさを変えたセットアップもありですね。

意図的に柄を合わせる

ギンガムチェックと水玉
ストライプとチェックとか
同じ色合いならまとまりますが。

違う柄
違う色では、共通点が全く見えないので
何も考えずに着ているか
個性的に着ているの印象になります。

そこには、
着る人の意図があるか、ないかの違いです。

意図がある自由な着こなし
無頓着な自由な着こなし

着ることを意図を持って楽しみたいと目指すなら、
そこそこの知識は必要です。
その知識のどこを選びどう生かすかはあなた次第です。

今回の柄については、
柄のパターンを合わせることからです。
その先は、あなた次第で。

柄と柄