アメブロでスカーフストールのお困りごとを募集しましたところご質問をいただきました。
「柄の洋服に柄のスカーフ、ストールの合わせ方を教えていただきたいです」

柄と柄の合わせ方

柄と柄はひとつ間違えると、事故と思われてしまします。
意図的なら、個性
この判断は、着ている人のキャラクター次第です。

柄と柄の合わせ方でスッキリ見えるスタイリングを見つけました。
柄のトップス×柄の巻き物と考えます。

同じパターンの組み合わせなら、一番違和感ありません。

ギンガムチェックの柄(素材は綿)。
ブルー×白の色合いも揃えるとまとまりのある合わせ方になります。
ギンガムチェックの大と小、ブルーの色味が多少違えたことで共布でなく、
計算されたスタイリングです。

柄と柄

柄の服をお持ちなら、敢えて柄を合わせい選択もアリです。
反対に柄の巻き物をお持ちでも、柄の服に合わせることはないです。

無地と柄なら、ほぼ間違いにです。

柄と柄でも違和感のないことから試されるといいのではないでしょうか。

基本は同じパターン

基本は同じパターンの柄で合わせる
例えば、パターンの大小
ストライプのラインの幅の太さ細さ
水玉の大小や密度 なども範囲内です。

パターンを揃えれば、
同じ色でなくてもバリエーションが楽しめそうです。

首元に強めの色、柔らかい色を持ってくるだけで印象が変わります。
パターンが同じでも、素材が違えばまた変わってきます。
と、着装には様々な要素が関わってきます。

柄違いや色違いの合わせ方は、とても個性的な着こなしになります。
独自の世界観の着こなしは、それはそれで楽しいと思いますが、
決して誤解を受けないようしていただきたい。

マイナスになるようなイメージは避けたいものです。
ここに冒険ココロは必要ありません。

合わせやすい柄
色やパターンのサイズが豊富な柄から試されてはいかがでしょうか。

和装の柄合わせ

柄の合わせ方で、今私が注目しているのは和装の柄合わせです。

柄のお着物に帯、半襟
上品で調和した合わせ方に魅了されます。

日本の伝統色を勉強したとき、襲(かさね)の色合わせを知りました。

季節や風情を感じさせてくれる日本らしい美しい色合わせです。