あなたは、どんな花柄ストールを選びますか?
花柄のストールを選ぶとき、
花の大きさによってニュアンスが変わることを知っていただきたいです。

小花柄のストールは巻き損です。

細かい花がたくさんの花柄はかわいらしい感じです。
小花柄のストールを首元に巻いてみると、
子どもっぽい
幼い
安っぽいイメージになります。
特に50代を過ぎた女性にはイタい感じになり兼ねません。

巻き損な感じです。

柄のちまちました感じが、お顔映りにいい効果はもたらしてくれません。

遠目から見たら、柄もわからず無地に見えてしまいます。

こういう小花が似合う年頃は若い時までです。

  

大輪の花柄は意外といい仕事をしてくれます

大輪の花柄には、余り興味を示さず
店頭で並んでいても眼中にない感じでしょうか。

「派手~」「歳だから。。。」「無理~」

ところが、いざ巻いてみると大きな花なんてわからなくなってしまいます。
巻いてしまえば、何が何だかわかりません。

巻くことで、分量も面積も小さくなり派手と感じたイメージすら遠のきます。

小花と違って色の配分もそこそこあるので、
小さくなった派手なピンク色がお顔映りのいい効果ももたらしてくれます。

花柄ストール

 

 

花の大きさで説明しましたが、
遠目から見て柄よりも色が分かる方がいい効果があるということです。

大胆な柄や色遣いは、残念なことに敬遠されがちですが、
スカーフやストールなら柄も色も面積が小さくなり派手なイメージもなくなります。

小さな柄よりも大き目の柄を選んでみてください。

マイナスなイメージよりも、プラスになる方向で。