1泊2日の旅支度なら身軽に行きたいものです。
同じ服でも数枚のスカーフチェンジの旅服はいかが?

数枚のスカーフストールで身軽な旅支度

リュックひとつの旅支度なら身軽でいいです。
その身軽さを目指すなら、着替えの服を数枚持って行くより
数枚のスカーフで首元を変えるだけでも雰囲気も気分も変えられます。

毎日毎日、ファッションショーのように着替える女性もいますが、
旅の目的はそういうことではないというかたに
お伝えしたいです。

コートを羽織る季節ですが、
実際のわたしの旅服を参考にしてみてください。

1日目
インのセーターと同じ色合いのスカーフを合わせました。
首元に添うようにコンパクトなアレンジで整えます。
旅でも自分のスタイリングスタイルは変えません。
それは、色を散らかさないこと。
アウターはトレンチです。

旅支度

スカーフを巻いたスタイリングに花柄のウールスカーフを重ね巻きしました。
簡単な着脱で温度調節ができます。
スカーフを巻いただけの首元は、シルクの光沢感が映えます。
重ね巻きした花柄のウールスカーフでは雰囲気が変わります。
一枚加えるだけで、寒さ対策も兼ね雰囲気も変えることができるのです。

旅支度

 

2日目
昨日の花柄のスカーフから、
かなり大きめの渋い色合いのストールに変えました。
ストールの下は、昨日と変わらずシルクのスカーフです。
朝方の冷え込みには、スカーフの重ね巻きが役に立ちます。

大判のストールをコートの中、或いは外に羽織ることでも温かいです。
背中が温かく、一枚の羽織ものの代用になります。

旅支度

 

かさばる着替えの服を持って行くより、はるかに荷物が少なくてすみます。
スカーフストール数枚に下着と化粧ポーチくらいなら、旅カバンひとつで充分でしょう。

スカーフストールなら何よりも、着脱が楽でバッグにもコンパクトに納まります。
急な気温の変化には、ひざ掛けや羽織ものとしても使えます。

また、風呂敷代わりにもなりますので、一枚が多様に使えます。

1泊2日の旅支度参考例

旅支度

デニムにニット、ダウンベストを中に着たトレンチコートのスタイリング

ここでも、色合わせはいつも通り。
散らかさずに色を繋げて

グリーンのリュックに合わせてグリーンのストール
ブルーのダウンベストに合わせてブルーのストール
グレーのウォーキングシューズに合わせてグレーのストール

着替えの服は持たずに、
同じ服装でも一枚のスカーフやストールを変えることで
雰囲気を変えたり温度調節もできたりと旅服は工夫次第

手荷物はできるだけ身軽に
帰りは、思い出とお土産をいっぱい詰め込んで